このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック第7回

Windowsアプリをサービス化してサインイン前に起動!

2014年09月16日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サインインする前にアプリを起動させたい! そんなときは、任意のアプリをサービス化するといい

サインインする前にアプリを起動させたい! そんなときは、任意のアプリをサービス化するといい

 Windowsには、前回紹介したスタートアップのほかにも、「サービス」というアプリの起動手段が用意されている。

 サービスは一般的なアプリとは異なり、バックグラウンドで起動しながら、ユーザーにさまざまな機能を提供する。グラフィカルなユーザーインターフェースを持たないものも多く、TCP処理を黙々と行なうというだけのものや、ネットワークがオンになったタイミングでDNSへ問い合わせをするものといった、シンプルながらWindowsの利用に欠かせないものが、サービスとして動いている。

 サービスの最大の特徴は、ユーザーのサインイン状態にかかわらず、OSが立ち上がりさえすれば機能を起動することができるという点。

 スタートアップによるアプリの起動処理は、通常はユーザーがサインインしたあとに行なわれる。

 それに対してサービスは、OSが利用可能な状態となったらすぐに起動処理をはじめるため、サインイン前のロック画面のときでも動作できるようになっている。

 Windows 8では、サインイン時にマイクロソフトアカウントの情報のやり取りがインターネット越しに行なわれる。そのためネットワークの主要機能はサインイン前に利用可能な状態にしておかなければならない。TCP処理やDNSといった機能がサービス化されていることで、ロック画面でも通信が行なえるようになっている。

 サービスは、そうしたシステムにより近い機能を持つものしか使えない、というわけではない。市販のテレビチューナー付属のアプリには、テレビ番組の録画をサービスで行なうものがあったりと、サードパーティー製のソフトウェアやフリーソフトなど、設計次第ではサービスとして動作させることが可能だ。

 しかしながら、ユーザーが好きなアプリをサービス化して起動することはできない。ソフトがあらかじめサービスとして動作することを前提に開発されている必要があるからだ。

 また、サービスはソフトウェアレイヤー上、より低い階層で動作するために、他のサービスと競合するものを利用すると、OSの挙動がおかしくなることもある。そのため、極力サービスを使わず、一般的な常駐型アプリとすることが多い。

 それでも、どうしてもサービスとして動かしたいアプリがあるなら、フリーソフトを使って任意のサービスを登録することも可能。その方法については後述するとして、まずはサービスの基本をしっかり理解しておこう。

サービスの起動や終了をコントロールする

サービスの管理画面を開くには、「ウィンドウズ」アイコンを右クリックして「コンピューターの管理」をクリックする

サービスの管理画面を開くには、「ウィンドウズ」アイコンを右クリックして「コンピューターの管理」をクリックする

 サービスの設定は「コンピューターの管理」画面を用いて行なう。実行中のサービスを確認したり、起動や終了させることが可能だ。

左ペインの「サービスとアプリケーション」から「サービス」をクリックすることで、サービスの管理画面を表示。標準状態でもさまざまなサービスが実行されていることがわかり、実行の状態などを把握できる

左ペインの「サービスとアプリケーション」から「サービス」をクリックすることで、サービスの管理画面を表示。標準状態でもさまざまなサービスが実行されていることがわかり、実行の状態などを把握できる

サービスを停止したり起動したりするには、任意の項目を右クリックして「開始」または「停止」をクリックする

サービスを停止したり起動したりするには、任意の項目を右クリックして「開始」または「停止」をクリックする

サードパーティー製のアプリなどで不要なサービスが動いているときは、プロパティを開き「スタートアップの種類」を「無効」にして「OK」をクリックすることで、以後は動作しなくなる。動作がおかしくなったら、この画面から再度元に戻すといい

サードパーティー製のアプリなどで不要なサービスが動いているときは、プロパティを開き「スタートアップの種類」を「無効」にして「OK」をクリックすることで、以後は動作しなくなる。動作がおかしくなったら、この画面から再度元に戻すといい

(次ページに続く、「「任意の非サービスアプリをサービスとして起動する」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン