このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第28回

Windows 8.1のスタート画面に現われたマズイ画像を消す!

2015年02月24日 12時00分更新

文● タトラエディット、編集●ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 Windows 8以降で採用された「Modern UI」のスタート画面。一面に並ぶタイルは、単にアプリを起動させるだけではなく、最新の情報を表示したりといった、かつての「ウィジェット」的な使い方ができて便利。

 しかしながら、その便利さがアダとなって、Windowsを利用するたびにタイルの表示が変わって目的のアプリを見つけにくくなったり、見せたくない画像が表示されてしまったりといったことも。今回は、タイルの表示をリセットしたり、初期状態に戻したりする方法について解説したい。

「フォト」タイルのサムネイルをリセットする

 なにげに厄介なのが、フォトタイルのライブ表示だ。「ピクチャ」フォルダーなどに入っている画像であれば、プライベートなものだろうが無作為に表示されてしまう。

フォトアプリのタイルには、「ピクチャフォルダ」の画像からランダムに選ばれた画像が表示される
フォトアプリのタイルには、「ピクチャフォルダ」の画像からランダムに選ばれた画像が表示される
右クリックし、「ライブタイルをオフにする」を選択して表示しない方法もあるが、別の画像に変えたいといった場合は下記の方法を試そう 右クリックし、「ライブタイルをオフにする」を選択して表示しない方法もあるが、別の画像に変えたいといった場合は下記の方法を試そう

 フォルダー内のファイルが更新されなければ、サムネイルの表示が変わらないことも。そんなタイルの表示を強制的にリセットするには、サムネイルの実体を消すのが一番だ。

 サムネイルの実体を削除するには、エクスプローラーのアドレス欄に「%userprofile%\AppData\Local\Packages\FileManager_cw5n1h2txyewy\LocalState」と入力する。すると、タイルの画像が格納されている場所に移動するので、表示したくないファイルを削除すればいい。

サムネイルの実体を削除するには、エクスプローラーのアドレス欄に上記のアドレスを入力する。見せたくないファイルは削除しよう スタート画面に戻り、表示したくないタイル(サムネイル)を右クリック。「サイズを変更する」で任意のサイズに変更する
サムネイルの実体を削除するには、エクスプローラーのアドレス欄に上記のアドレスを入力する。見せたくないファイルは削除しようスタート画面に戻り、表示したくないタイル(サムネイル)を右クリック。「サイズを変更する」で任意のサイズに変更する
サムネイルが表示されなくなり、次回起動時に他のファイルが表示されるようになる
サムネイルが表示されなくなり、次回起動時にほかのファイルが表示されるようになる

次ページへ続く、「すべてのタイルの更新情報を一旦クリアする

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン