このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第27回

タスクバーからファイルなどを呼び出せる「ジャンプリスト」の有効活用術

2015年02月17日 12時00分更新

文● タトラエディット、編集●ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 Windows 7以降で搭載された「ジャンプリスト」。タスクバーアイコンを右クリックすることで、アプリの機能や最近使ったファイルなどを呼び出せる便利なものだ。

このように、タスクバーアイコンを右クリックすると表示されるのが「ジャンプリスト」だ
このように、タスクバーアイコンを右クリックすると表示されるのが「ジャンプリスト」だ

 このジャンプリストを使いこなすことで、ファイルを探すためにフォルダーの奥深くまでたどるなどの日常操作がラクになる。

 ところでこの機能。じつは、カスタマイズできることをご存知だろうか? 表示される項目数を変えたり、よく使う項目をピン留めしておいたりと、自分のスタイルにあわせた利用ができるようになっているのだ。

ジャンプリストの項目数を大幅に増やす

 ジャンプリストに表示される項目数は、初期状態では10個まで。この数では足りない! というときには、最大60までの範囲で変更できるようになっている。

タスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択
タスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択
「ジャンプリスト」タブを開き、「ジャンプリストに表示する最近使った項目の数」を変更し、「OK」をクリックする 「ジャンプリスト」タブを開き、「ジャンプリストに表示する最近使った項目の数」を変更。「OK」をクリックする

最近使った項目を見られたくないときは非表示に

 秘密の動画やサイトを見た形跡を残したくない! といった場合には、逆にジャンプリストの機能が仇となってしまうことも。そんなときには、項目を非表示にするのがおすすめだ。

「ジャンプリスト」タブを開き、「最近開いた項目をジャンプリストに保存し表示する」のチェックを外す。そのあと「OK」をクリック 「ジャンプリスト」タブを開き、「最近開いた項目をジャンプリストに保存し表示する」のチェックを外す。そのあと「OK」をクリック

特定の項目を常に表示させる

 ジャンプリスト内の項目は、アプリやファイルの使用履歴に応じて変わってしまう。そのため、使用頻度の低い項目は、リストに表示されなくなってしまうこともある。

 もし、特定の項目を常に表示させておきたいのなら、ピン留めをしておくといい。

「Windows」キー+「Alt」キー+「1(タスクバーに並んでいる順番)」でジャンプリストを表示。つねに表示させたい項目の上にマウスポインターを置き、リスト右に表示される「ピン」アイコンをクリック 「ピン留め」の欄に移動した
「Windows」キー+「Alt」キー+「1(タスクバーに並んでいる順番)」でジャンプリストを表示。つねに表示させたい項目の上にマウスポインターを置き、リスト右に表示される「ピン」アイコンをクリック「ピン留め」の欄に移動した
ドラッグ&ドロップでピン留めする ドラッグ&ドロップでピン留めする

 もし、ピン留めしたい項目がないときは、アイテムをドラッグするといい。任意の項目を、タスクバーアイコンにドラッグしてみよう。

 すると、ピン留めの項目に登録されるはずだ。この機能は「エクスプローラー」のみにおいて使える。ウェブブラウザーなどでは、ドラッグしたアイテムがアプリで開くという挙動になってしまう。

フォルダをタスクバーにあるアイコンにドラッグする 簡単に「ピン留め」に追加することができる
フォルダをタスクバーにあるアイコンにドラッグする簡単に「ピン留め」に追加することができる

次ページへ続く、「ジャンプリストの特定の項目のみ非表示にする

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン