このページの本文へ

SanMax「SMD4-U16G28H-21P-D」と、8GB×4枚セット「SMD4-U32G28H-21P-Q」

まだ使えないけど、初のDDR4メモリーがSanMaxからデビュー!

2014年06月21日 23時43分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SanMaxから初のDDR4メモリーモジュールが登場。パソコンショップアークで販売がスタートした。価格は8GB×2枚セットが3万5980円からだ。

初のDDR4メモリーモジュールがSanMaxから登場。SanMax製の8GB×2枚セット「SMD4-U16G28H-21P-D」と、8GB×4枚セット「SMD4-U32G28H-21P-Q」の2モデルだ

 デスクトップ向けメモリー初となるDDR4メモリモジュールの販売がスタートした。先日開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2014でも多数のブースで展示/デモされていたが、実際に販売を確認したのは今回が初めてだ。

 登場したのは、SanMax製の8GB×2枚セット「SMD4-U16G28H-21P-D」と、8GB×4枚セット「SMD4-U32G28H-21P-Q」の2モデル。SKhynix製のチップを搭載し、DDR4-2133(PC4-17066)、レイテンシーが15-15-15-50、動作電圧が1.2Vというもの。

 ピン数はDDR3の240ピン→288ピンに変更されており、当然現状では利用できない。正式サポートされるのは、Haswell-E対応とされるチップセット「Intel X99 Express」だ。

 価格は「SMD4-U16G28H-21P-D」が3万5980円、「SMD4-U32G28H-21P-Q」が6万9980円となっている。

SKhyni製のチップを搭載し、DDR4-2133(PC4-17066)、レイテンシが15-15-15-50、動作電圧が1.2Vというスペック

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中