このページの本文へ

SSDと新OSでサクサクPCを作る!!

「Samsung SSD 840」とWin 8の組み合わせが最強!!!

2012年12月03日 16時08分更新

文● 真島 颯一郎 写真●神田 喜和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「超サクサク」と「スワッピング」の2つの環境を構築

「Windows 8 Pro」。今回は、アップグレード版ではなく、新規インストールができるバージョンを準備

 超サクサクPCに魅了されて、さっそくWindows 8 Proを用意してみたが、冷静に考えてみると、環境の移行はアプリケーションの対応など不安要素も少なくない。パーティションを分割して、マルチブートにする方法もあるが、やはり既存の環境に影響がでる可能性も考えられる。

Windows 8にインストールしたMicrosoft Office2010。Windows 7上で動作するよりも圧倒的に立ち上がりが速く、キビキビ動く。このレスポンスの良さは非常に魅力

 そこで、今回は「Samsung SSD 840(250GBモデル)」を2基用意して、Windows 8とWindow 7をそれぞれにインストール。Windows 8環境への移行を前提だが、いざという場合はWindows 7環境にスワッピングできるシステムを構築する。

 Windows 7は現環境をそのまま利用しても良いのだが……本製品は大容量がリーズナブルな点もメリット。既存環境はバックアップとして使い、Windows 7環境もクリーンインストールしてリフレッシュする。完全にWindows 8環境へ移行した暁には、RAID構成にして使い、さらなる高速化を目指すのだ。

「Samsung SSD 840(250GBモデル)」を2基用意。それぞれにOSをインストールするという贅沢環境を構築する。3年保証を謳い安心感もあり、価格性能比も高い本製品だからこそできる荒業(暴挙?)だ(笑)

現環境をそのままSSDに移行したい!

 今回は、敢えてWindows 7をクリーンインストールしているが、もちろん現環境をそのまま利用することも可能だ。同社のデータ移行ソフト「Samsung Data Migration v1.1」を使えば、3ステップでカンタンに環境を移行できる。

データ移行用のソフトをダウンロードできる。日本語版も用意されており、はじめてドライブの換装をするユーザーも安心だ

 必要となる機器は、まずは「Samsung SSD 840」が2基、Windows 8、Windows 7。また、検証する本体には、ストレージが手軽に換装できるエプソンダイレクトの「Endeavor Pro5300」を用意した。

フロントベイ構造を採用した「Endeavore Pro5300」を使用。OSをスワッピングするのに最適

 準備が整ったところで、さっそく超サクサクPCの構築を始めよう!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中