このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

SSDと新OSでサクサクPCを作る!!

「Samsung SSD 840」とWin 8の組み合わせが最強!!!

2012年12月03日 16時08分更新

文● 真島 颯一郎 写真●神田 喜和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

驚異的に速い!! ログオンまでは約6秒!

 さて、超サクサクPCを構築できたところで、なにはともあれ起動チェックだ。Windows 8のインストールされた「Samsung SSD 840」をフロントベイのPort0にセットして、いざ電源を投入! Windowsマークが表示されてからMicrosftアカウントのログオン画面が起動してくるまでは……約6秒! 速い速い!! 予想以上の速さにちょっと驚く。ログオン後の動作も、ウワサ通りキビキビとしていて爽快だ。ちなみにWindows エクスペリエンス インデックスのサブスコアは「7.7」だった。

Windows エクスペリエンス インデックスのプライマリハードディスクのサブスコアは7.7をマーク。「Samsung SSD 840」とWindows 8の組み合わせで、わずか6秒ほどでログイン画面までたどり着く、驚異的なパフォーマンスを発揮

 参考までに、Windows 7をインストールした緊急時のスワッピング用「Samsung SSD 840」も起動時間を計測してみる。電源をオンにしてログイン画面が表示されるまで約18秒。Windows 8のときのようなインパクトはないものの十分に速い。クリーンインストールした甲斐がある。

 こうした結果を見ると「Samsung SSD 840」とWindows 8を導入した場合のほか、Windows 7で使用する場合も、明らかに恩恵を受けられる形だ。Windowsと本製品の相性は非常に良いと感じる。

 さて、これで「Samsung SSD 840」を利用した環境の構築は完了だ。なお、今回はフロントベイを装備したマシンを利用しているが、SATA 3.0に対応したマシンであれば、どのマシンでも起動することはできる。

 しかも、SSDであるだけに、持ち歩いてもさほど心配はない。OSがクラッシュして起動できなくなった場合など、本製品を利用してデータの救出するといった使い方もできる。友人のPCのOSがクラッシュしてしまったりした場合など、OSをインストールした本製品を持っていき、さっそうとデータの救出をすれば、ヒーローになれること間違いなしだ!?

2.5インチサイズで厚さは7mm。しかも重量は62.5gと超軽量。衝撃に強いので裸で、ポケットに入れて持ち歩いても大丈夫だが……端子部分は若干心配。良い子はケースに入れて持ち歩きましょう(笑)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中