このページの本文へ

リコーがコンパクトA4モノクロレーザープリンター「IPSiO SP 3510」と複合機を発表

ペーパーレス受信対応のモノクロ複合機「IPSiO SP 3510SF」

2012年02月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月22日、リコーはコンパクトA4モノクロレーザープリンター「IPSiO SP 3510」、複合機「IPSiO SP 3510SF」を発表した。

ペーパーレスファクス受信に対応した複合機「IPSiO SP 3510SF」。プリンタはモノクロだがスキャンはカラーに対応する

 両製品は、連続プリント速度(A4縦送り)は毎分28枚で、ファースプリント(同)は8秒以下。耐久性が前モデルの20万ページから35万ページへと75%アップしている。また、操作パネルも改善されており、IPSiO SP 3510は角度調整が可能な2行表示の液晶ディスプレイ、IPSiO SP 3510SFは従来機の2行から4行表示が可能な液晶ディスプレイを搭載。これにより、視認性と操作性が向上したという。

 トナーと感光体には、一体化された「オールインワントナーカートリッジ」を採用。これにより、消耗品の点数が少なく、交換の手間や管理の負担を軽減できるという。

 IPSiO SP 3510SFが搭載するのは、モノクロレーザープリンター、コピー、ファクス、カラースキャナの4機能。自動両面原稿送り装置を標準搭載しており、最大50枚までの原稿セットが可能だ。加えて、インターネットファクスやペーパーレスファクス受信に対応するなど、ファクス機能を拡張している。

 価格は両機種ともオープンで、出荷開始は3月1日。

新製品のスペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ