このページの本文へ

リコーから毎分28枚の高速モノクロ複合機&プリンター

2009年09月04日 06時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビジネス複合機というとカラーが思い浮かぶが、ランニングコストの低さからモノクロ機の需要も大きい。特に高速プリントが可能なタイプは、今後も求められる。リコーのモノクロレーザープリンター「IPSiO SP3410」と、同機をベースにしたモノクロ複合機「IPSiO SP3410SF」は、片面(A4縦)で毎分28枚、両面印刷ユニットを内蔵しており両面印刷でも毎分14ページという高速印刷が特徴だ。

IPSiO SP3410SF IPSiO SP3410
モノクロ複合機「IPSiO SP3410SF」モノクロレーザープリンター「IPSiO SP3410」

 印刷解像度は1200×600dpi。消耗品は、トナーと感光体を一体化したオールインワンカートリッジ「トナーカートリッジ 3400」により、メンテナンスは容易だ。標準的な印刷(約5%原稿)で2500ページの印刷が可能で、価格は1万円。

 複合機はコピー、ファクス、カラースキャナー機能を併せ持ち、本体サイズは幅420×奥行き397×高さ442mm。プリンターは幅370×奥行き392×高さ262mmで、いずれもデスクサイドへの設置を目指したコンパクト設計になっている。

 いずれも10/100BASE-TX対応の有線LANとUSB 2.0のインターフェースを備える。価格はオープンプライス。予想実売価格は複合機が6万円前後、プリンターは4万円前後。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ