このページの本文へ

最強のSMB向けストレージを探せ! 第11回

RAID1のSV-MS2CWシリーズとRAID5のLSV-5S4CSシリーズ

ロジテック、Windows Storage Server 2008 R2搭載のNAS

2011年04月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月31日、ロジテックは、Windows Storage Server 2008 R2のWorkgroup Editionを搭載した「LSV-MS2CW」シリーズ、同Standerd Editionを搭載した「LSV-5S4CS」シリーズのNASを発表。4月上旬より販売開始する。

LSV-MS2CWシリーズ

LSV-5S4CSシリーズ

 SV-MS2CWシリーズは、1/2/4TBの3つのラインアップを用意。それぞれに同容量のHDドライブを2台搭載しRAID1を構成。LSV-5S4CSシリーズは、2/4/8TBの3つのラインアップを用意。それぞれに同容量のHDドライブを4台搭載しRAID5を構成する。

 両シリーズともにホットスワップに対応し、万一の故障発生時にもシステムを停止せずにメンテナンスができる。

 Windows Storage Serverはクライアントアクセスライセンス(CAL)が不要なため、クライアント数に応じたCALを別途用意する必要がない。ただし、LSV-MST/2CWシリーズは同時接続可能数は50クライアントに制限される。

 本体サイズは幅184×奥行き280×高さ193mm。仕様と価格は下表の通り。なお、LSV-5S4CSシリーズは受注生産となる。

LSV-MS2CWシリーズの仕様と価格

LSV-5S4CSシリーズの仕様と価格

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ