このページの本文へ

最強のSMB向けストレージを探せ!

レプリケーション+フェイルオーバー機能で高い信頼性

16TBモデルも出た新テラステーション プロ

2011年02月03日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月2日、バッファローは、法人向けNAS「テラステーション プロ」シリーズを発表。2月下旬より販売開始する。

TS-8VHL/R6シリーズ(8ドライブ搭載モデル)TS-QVHL/R6シリーズ(4ドライブ搭載モデル)

 新シリーズは、高速なデータ転送を可能とするCPU(Atom D510)、2GBメモリを搭載し、ハードウェア性能を向上させた。同社の測定では3台のPCの同時アクセスにおいても、3台のシーケンシャルリードで合計約106.8MB/sの転送速度を実現しているという。

 また、5レベルのRAID対応やバックアップ機能のほか、2台同時使用による冗長性の向上ができる「レプリケーション+フェイルオーバー機能」を搭載した。レプリケーション機能は、データ保護において従来のRAID機能に加え、メイン機とバックアップ機の2台でデータをやりとりすることで冗長性を確保するもの。また、フェイルオーバー機能では、メイン機のトラブル時にはバックアップ機側へ自動で切り替わる。両者を組み合わせて利用することで、強力なデータ保護が実現するという。

 2TB(1TB×2ドライブ)から最大16TB(2TBx8ドライブ)まで、10モデルをラインナップする。16TBモデル「TS-8VHL/R6シリーズ」の価格は、36万円となっている。各モデルの価格とラインナップの詳細は、下表の通り。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ