このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第32回

Salesforce CRMのフル機能版を1000ライセンス用意

セールスフォース、被災地支援向けにCRMとChatter提供

2011年03月17日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月15日、セールスフォース・ドットコムは被災地支援向けに同社のSaaSであるSalesforce CRMとChatterを無償提供すると発表した。

「Salesforce CRM」を90日間無償提供。画面は利用希望のフォーム

 用意されたのはSalesforce CRMのフル機能版1000ライセンスで、企業内SNSであるChatterのライセンスも5000ユーザー分同梱されているという。無償利用期間は90日間。利用に支援が必要な場合は、サービスに精通している社員やパートナー企業のコンサルタントも紹介するという。安否や被害状況把握のために「管理データベース」を必要とする地方自治体や企業の利用を想定しているという。

 利用を希望する企業、各種団体は、下記のフォームより登録を行なう。
■URL:http://www.salesforce.com/jp/prayforjapan/

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ