このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第79回

ハイセンスなデザインとオーディオのノート NX90Jq

2010年11月05日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2010年初頭に開かれた展示会「2010 International CES」で初お目見えし、その外観デザインの斬新さから、ASUSTeKがコンセプトモデルとして将来のノートパソコンの姿を表現したものと思われた「NX90Jq」。それから10ヵ月後の先日、ついに日本でも商品化された。まずは独創的な外観からみていこう。

NX90Jq

「NX90Jq」。薄型の液晶一体型省スペースデスクトップにも見えるデザインが特徴的

NX90Jq 3つのポイント

 外観の注目のポイントは3つある。ひとつは、天板およびパームレスト部の全面が、鏡面加工されたアルミニウムパネルで覆われていることだ。液晶ディスプレーを閉じると、緩やかな曲面があたりを映し込んで周囲に溶け込み、そこに存在しないかのようにも見える。金属の質感が上質さと高級感を醸し出している。

美しく磨かれたアルミニウムパネルが全面を覆う

美しく磨かれたアルミニウムパネルが全面を覆う。表面は樹脂コートされているため錆びて輝きが曇るようなことはない

 2つ目のポイントは、液晶ディスプレーの左右が、本体部分より横に大きく飛び出ていることだ。詳しくは後述するが、突出した部分にはステレオスピーカーが内蔵されている。スピーカー部分が膨らむようにデザインされていることもあり、液晶ディスプレーを開いて使っているときは、超薄型の省スペース液晶一体型パソコンが設置されているようにも見える。

 3点目は、キーボードの左右それぞれに搭載されたタッチパッドである。タッチパッドといえば、パームレストの中央におとなしく収まっているのが普通だ。その常識を打ち破り、右利き左利きに関係なく使えるよう考慮されたのだという。

キーボード左右に配されたタッチパッド。それぞれマルチタッチとジェスチャーに対応し、独立して動作。下部のキーがマウスボタンの役割を持つ

 これらのデザイン面での特徴は、世界的に著名なインダストリアルデザイナー、デビッド・ルイス(David Lewis)氏の手によるものだ。同氏が関わったことは、NX90Jqで重視されているもうひとつの特徴「高品位のオーディオ」とも深く関係するのだが、詳しくは後述する。

 本体サイズは、幅530×奥行き283×高さ30~45mmと大きい。設置にはA4サイズノートを横に2台並べられるスペースが必要だ。また、重さも約4.4kgあり、可搬性はゼロに等しい。液晶ディスプレー部が特に横に長いため、開閉の際も片側に力がかからないよう注意が必要だ。

 優れたデザインセンスを活かすために、使わないときにはオープンなスペースにディスプレー部を閉じて置きたいのだが、頻繁な開閉は物理的な強度が少し心配になる。

液晶ディスプレー部分の左右の突出が明瞭

前から見ると、液晶ディスプレー部分の左右の突出が明瞭だ。開くときは前から指を入れて、片手で本体側を押さえ、もう片方の手でパネル部中央をゆっくり持ち上げる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン