このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道第64回

水中でも撮れる低価格ビデオカメラ2機種をチェック!

2010年08月16日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 デジタルカメラの世界では比較的早くから防水対応の製品が登場していたが、ここにきて低価格なビデオカメラでも水中撮影が可能な製品が登場し始めている。こうした製品として注目したいのが、三洋電機の「DMX-CA100」と、加賀ハイテックから発売されているコダック「playsport」という2つのビデオカメラだ。

 両機種とも防水対応のビデオカメラであり、なおかつ1080pでの録画に対応していながら、DMX-CA100は実売価格で3万円前後、playsportは同じく2万円以下と購入しやすい価格帯の製品となっている。「確かに防水対応のカメラは便利だが、海やプールで撮影するためだけに買うのはちょっと……」と躊躇しているユーザーでも、この価格なら手を出しやすいのではないだろうか。


気軽に使えるフルHD対応の防水Xacti

「DMX-CA100」 「DMX-CA100」

 では早速個々の製品を見ていこう。まずDMX-CA100は、三洋電機のXactiシリーズの1つで、伝統の縦型スタイルを踏襲した1台だ。防水性能はJISが定める「水の侵入に対する保護等級」において、継続的に水没しても内部に浸水することがないとされる「IPX8」を実現、水深3mまでの深さで撮影することができる。

SDメモリーカードスロットにはバッテリーを外さないとアクセスできない カバーで保護されたHDMIとUSB兼AV端子
SDメモリーカードスロットにはバッテリーを外さないとアクセスできないカバーで保護されたHDMIとUSB兼AV端子

 防水性能を確保するため、各部において水の侵入を防ぐ仕組みが盛り込まれている。たとえばバッテリ部分は厚みのあるカバーで保護されているほか、しっかりとしたスライド式のロックで容易に開くことはない。

 同様にミニUSBやミニHDMI端子もロック付きのカバーでしっかり覆われている。なおSDメモリーカードスロットはバッテリーの裏に隠れており、取り出すにはバッテリカバーを開き、さらにバッテリを取り出す必要がある。スペースや防水性の兼ね合いと思われるが、少々アクセスしづらい。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン