このページの本文へ

Core i5でPC強化 必要なパーツはどれだ? 第3回

P55搭載マザー各製品の特徴はコレだ! 【後編】

2009年09月28日 20時00分更新

文● G&D matrix 松枝 清顕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ECS
P55H-A

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2130+(OC)/1333/1066/800対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×6、IDE×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Optical)、USB2.0×8、eSATA×1、LAN×1、PS/2×2、オーディオコネクタ、CMOSボタン
実売価格 未定

シンプルそのままの「P55」マザー

 クセのない無難な仕様の「P55」マザー。マルチGPU機能はATI CrossFireXのみをサポート。オンボードインターフェイスも標準的で、これといった欠点も見当たらない。OCなどを望まない通常使用であれば十分使い物になるはずだ。

【関連サイト】

FOXCONN
Inferno Katana

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-1800(OC)/1600(OC)/1333対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×1
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×1、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×8、eSATA×2、LAN×1、PS/2×1、IEEE1394×1、CMOSクリアー、オーディオコネクター
実売価格 未定

12フェーズのPWM回路採用のハイエンドモデル

 CPUのVRMに12フェーズのPWM回路(メモリは2フェーズ)を採用する同社のハイエンドモデル。マルチGPU機能もATI CrossFireX、NVIDIA SLIを両サポート。オンボードインターフェイスもeSATAポートからIEEE1394まで一通りを備える。現時点での国内販売が確認できていないが、価格次第では「P55」マザーの有力候補となってもおかしくはない。

【関連サイト】

FOXCONN
Inferno Katana GTI

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-1800(OC)/1600(OC)/1333対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×1、Serial ATA II×6、IDE×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×8、LAN×1、PS/2×1、CMOSクリアー、オーディオコネクター
実売価格 未定

ハイエンドユーザーも納得のSLIサポートモデル

 PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)やeSATA、IEEE1394が省略された「Inferno Katana」の下位モデル。とはいえマルチGPU機能はATI CrossFireX、NVIDIA SLIの両サポートで、ハイエンドユースの要求にも応える出来となっている。CPUのVRMには8フェーズのPWM回路を採用する。

【関連サイト】

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中