このページの本文へ

Core i5でPC強化 必要なパーツはどれだ? 第3回

P55搭載マザー各製品の特徴はコレだ! 【後編】

2009年09月28日 20時00分更新

文● G&D matrix 松枝 清顕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gigabyte
GA-P55M-UD4

フォームファクター micro ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2200(OC)/1333/1066/800対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI×1
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×1、IEEE1394、Serial ATA II×7、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×9、LAN、IEEE1394×1、eSATA+USB×1、PS/2×1、オーディオコネクター
実売価格 2万円

CrossFireX+NVIDIA SLI対応のハイエンドmicroマザー

 micro ATXフォームファクタ採用ながらATI CrossFireX、NVIDIA SLI両サポートの拡張スロットを備えるハイエンドモデル。オンボードインターフェイスもATXのハイエンドモデル並みに充実しており、小型PCケースに収めたモンスターマシンを作りたいユーザーにはオススメの1枚となる。

【関連サイト】

Gigabyte
GA-P55M-UD2

フォームファクター micro ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2200(OC)/1333/1066/800対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×1、IEEE1394、Serial ATA II×7、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×10、LAN、IEEE1394×1、eSATA×1、PS/2×1、オーディオコネクター
実売価格 1万5000円

とにかく安価に済ませたい! でも大手メーカー製がいい、という人に!

 Gigabyteの7モデル中、最安モデルとなる「GA-P55M-UD2」。ATI CrossFireXはサポートされるが、正直このクラスのマザーをチョイスする人で使うユーザーはいるのだろうか。とはいえ、ないよりはマシ。シンプルな1枚なので、安価に小型ケースに収めて使いたい人向けの製品となりそうだ。

【関連サイト】

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中