このページの本文へ

ASUSTeK「P7P55-M」

「P55」搭載のmicroマザー廉価版がASUSTeKから販売開始

2009年10月30日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから「P55」搭載のmicroATXフォームファクタとなるLGA 1156対応マザーボードの新モデル「P7P55-M」が発売となった。

ASUSTeKから「P55」搭載のmicroATXフォームファクタとなるLGA 1156対応マザーボードの廉価モデル「P7P55-M」が登場

 ASUSTeKの「P55」搭載microATXモデルとしては、「ROG」シリーズの「Maximus III Gene」が発売済みだが、今回登場の「P7P55-M」は廉価モデルといった印象。拡張スロットの構成もマルチGPU機能をサポートしないPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1という構成で、メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2200(OC)/1600/1333/1066、16GBまで)。
 また、オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(Realtek/8112L)や8ch HDサウンド(VIA/VT1708S)、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1などを備える。小型ケースで将来的にマルチGPU機能も利用しない割り切った仕様を考えているユーザーにはオススメの1枚だ。価格は以下の通り。

拡張スロットの構成もマルチGPU機能をサポートしないPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1という構成。とはいえオンボードデバイスはそれなりに充実している

価格ショップ
「P7P55-M」
¥13,975クレバリー1号店
¥13,980アーク
ドスパラ本店
ZOA秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中