このページの本文へ

Core i5でPC強化 必要なパーツはどれだ? 第3回

P55搭載マザー各製品の特徴はコレだ! 【後編】

2009年09月28日 20時00分更新

文● G&D matrix 松枝 清顕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MSI
P55-GD80

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2133(OC)/1800(OC)/1600(OC)/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA 2way/3way SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×2、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×7、eSATA+USB×1、LAN×2、IEEE1394×1、PS/2×2、オーディオコネクター
実売価格 2万5000円

独自機能満載、3Way-SLIサポートのハイエンドモデル

 同社のシリーズハイエンドモデルとなる「P55-GD80」は、豊富に配置されたヒートシンクを8mm径の極太ヒートパイプ「Super Pipe」で接続させたデザインが特徴的。CPUコア部には1チップで従来の4フェーズ分という電源制御チップ「DrMOS」を8個、CPU VTT/メモリ/チップセット部に各2フェーズを搭載している。また、ATI CrossFire Xに加えx8+x8x4帯域で動作するNVIDIA 3Way-SLIをサポートする点もポイント。MSI独自の装備・機能を満載した同モデルはハイエンドと呼ぶにふさわしい仕上がりとなった。

【関連サイト】

MSI
P55-GD65

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2133(OC)/1800(OC)/1600(OC)/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×2、IEEE1394、Serial ATA II×7、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×7、eSATA+USB×1、LAN×2、IEEE1394×1、PS/2×2、オーディオコネクター
実売価格 1万9000円

CrossFireX/SLI両サポートのミドルレンジ

 ATI CrossFireXとNVIDIA SLI両サポートとバランスのとれたミドルレンジモデル。MSIオリジナルのOC機能である「OC Genie」をはじめとした独自の機能も豊富で、オンボードインターフェイスも上位の「P55-GD80」とほとんど遜色なし。将来的にマルチGPUも視野に入れているユーザーなどにとってもオススメの1枚となる。

【関連サイト】

MSI
P55-CD53

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2133(OC)/1800(OC)/1600(OC)/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3
マルチGPU機能 なし
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×8、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 USB2.0×10、LAN×1、PS/2×2、オーディオコネクター
実売価格 1万5000円

シンプルなつくりもオリジナル機能は健在

 PCI Express(2.0) x16スロットを1本にした廉価モデル。その分、PCIスロットは3本用意されている点がポイントか。従来型の16フェーズに相当するという電源制御チップ「DrMOS」は4フェーズ搭載。固体コンデンサやシールドタイプチョークコイルの全面採用などの特徴は上位モデルから引き継がれている。

【関連サイト】

MSI
P55M-GD45

フォームファクター micro ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-1333/1066/800対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x1×1、PCI×1
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 USB2.0×10、LAN×1、eSATA×2、IEEE1394×1、PS/2×2、オーディオコネクター
実売価格 未定

microサイズでもCrossFireX、SLI両サポートの強力モデル

 micro ATXフォームファクターながらATI CrossFireX、NVIDIA SLIをサポートする。オンボードインターフェイスも豊富で、小型PCを前提とするなら選択肢からは外せないモデルといえよう。

【関連サイト】

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中