このページの本文へ

Core i5でPC強化 必要なパーツはどれだ? 第3回

P55搭載マザー各製品の特徴はコレだ! 【後編】

2009年09月28日 20時00分更新

文● G&D matrix 松枝 清顕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASRock
P55 Deluxe

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2600+(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×3
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×2、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×7、eSATA+USB×1、LAN×2、IEEE1394×1、PS/2×2、CMOS Switch
実売価格 1万8980円

6Gbps対応カード同梱のハイエンドモデル

 コントローラーチップ「Marvell 88SE9123」を搭載、インターフェイスがPCI Express x1となる6Gbps対応の「SATA3 Card」カード同梱のユニークなモデル。マザー本体も上位モデルらしく16+2フェーズ電源回路やオール固体コンデンサの採用、CrossFireX/NVIDIA SLI両サポートと機能は充実している。また、LGA 1156用はもちろん、LGA 775用クーラーも利用できる穴が設けられている。それでいて販売価格は2万円切りとコストパフォーマンスにも優れた製品だ。

【関連サイト】

ASRock
P55 Extreme

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2600+(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×3
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×7、eSATA+USB×1、LAN×1、IEEE1394×1、PS/2×2、CMOS Switch
実売価格 1万4980円

ATI CrossFireX、NVIDIA SLIサポートのお買い得モデル

 上位モデル「P55 Deluxe」と同じ拡張スロット構成でATI CrossFireX、NVIDIA SLIはどちらもサポート。「SATA3 Card」の同梱がないほか、ギガビットイーサネットがシングルとなる点や16+2フェーズ電源回路は8+2フェーズとなる点が主な違いだ。とはいえ、通常使用には十分な機能が用意されている。なお、LGA 775用クーラーも利用できる点は同じ。同社製品に共通して言えることだが、同モデルも販売価格は1万5000円割れとお買い得感の高い1品といえよう。

【関連サイト】

 

ASRock
P55 Pro

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2600+(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×6、eSATA+USB×2、LAN×1、IEEE1394×1、PS/2×2、CMOS Switch
実売価格 1万2980円

ATI CrossFireXサポートの安価なミドルレンジモデル

 ATI CrossFireXサポートに絞った安価なモデルだ。ただし、オンボードインターフェイスはひと通りのものを揃え、通常使用であれば全く問題のないレベル。LGA 775用クーラーも利用できる点は健在。なるべくコストを抑えたいユーザーにとってはオススメの1枚だ。

【関連サイト】

ASRock
P55M Pro

フォームファクター micro ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2400+(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×1
マルチGPU機能 ATI CrossFireX
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×4、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×6、eSATA+USB×2、LAN×1、IEEE1394×1、PS/2×2、CMOS Switch
実売価格 1万1480円

micro ATXでもATI CrossFireXサポート

 micro ATXフォームファクタながらしっかりとATI CrossFireXをサポートする。サイズ上、オンボードインターフェイスはATXモデルと同様というわけにはいかないが、それでも必要十分。LGA 775用クーラーも利用できる点も変更はない。micro ATXで探しているユーザーならば要チェックの1枚となる。

【関連サイト】

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中