このページの本文へ

ECS「P55H-A」

ECS初の「P55」搭載マザーはスタンダードな「P55H-A」

2009年10月16日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECS初の「P55」搭載のLGA 1156対応マザーボード「P55H-A」の販売が今日からスタートしている。

ECS初の「P55」搭載のLGA 1156対応マザーボード「P55H-A」。いい意味でクセのない無難な仕様となっている

 同マザーの主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリがDDR3 DIMM×4(DDR3-2130+(OC)/1333/1066/800、16GBまで)。またオンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネット(Realtek/8111DL)や8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×6、IDE×1などを搭載する。
 マルチGPU機能としては、CrossFireXをサポート。CPU/DDRコア電圧の調整やFSB/DDR倍率の調整といったオーバークロック機能も備える。その他、I/O部はS/PDIF Out(Optical)、USB2.0×8、eSATA×1、LAN×1、PS/2×2、オーディオコネクタ、CMOSボタンという構成。価格はツクモパソコン本店で1万4980円、アークで1万5480円だ。

I/O部はS/PDIF Out(Optical)、USB2.0×8、eSATA×1、LAN×1、PS/2×2、オーディオコネクタ、CMOSボタンという構成

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中