このページの本文へ

Foxconn「FlamingBlade GTI」「FlamingBlade」

Core i7が欲しい! 1万6980円の「X58」マザーがFoxconnから

2009年05月01日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 販売価格が1万6980円という安価な「X58」搭載LGA 1366対応マザーボード「FlamingBlade GTI」がFoxconnから発売された。

販売価格が1万6980円という安価な「X58」搭載LGA 1366対応マザーボード「FlamingBlade GTI」がFoxconnから発売。Core i7 920と組み合わせれば安価に最新の環境が整う

FlamingBlade GTI

 「FlamingBlade GTI」は、チップセットに「X58」+「ICH10」を採用する最新のCore i7に対応した安価なLGA 1366マザーボード。主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×2、PCI Express x4×1、PCI×2でATI CrossFireXをサポート。3本あるDDR3 DIMMはDDR3-1800(OC)/1600/1333、最大12GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111Cによるギガビットイーサネットや8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×6、IDE×1など。価格はドスパラ秋葉原本店にて1万6980円となっている。

チップセットに「X58」+「ICH10」を採用した「FlamingBlade GTI」。販売価格は1万6980円と非常に安価

FlamingBlade

 また、同時発売の上位モデル「FlamingBlade」も販売されている。こちらはチップセットに「X58」+「ICH10R」を搭載。主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×2、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×。3本あるDDR3 DIMMはDDR3-1800(OC)/1600/1333、最大12GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111Cによるデュアルギガビットイーサネットや8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×6、eSATA×2、IDE×1など。ATI CrossFireXのほか、NVIDIA SLIもサポート。チップセットの冷却にはヒートパイプを採用する。価格はドスパラ秋葉原本店にて1万9980円となっている。

同時発売の上位モデル「FlamingBlade」。ATI CrossFireXのほか、NVIDIA SLIもサポート。チップセットの冷却にはヒートパイプを採用する

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中