このページの本文へ

MSI「Eclipse Plus」

「X58」+「nForce 200」のMSI製マザー「Eclipse Plus」デビュー

2009年05月22日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「X58」+「ICH10R」+「nForce 200」搭載のLGA 1366対応MSI製ハイエンドマザーボード「Eclipse Plus」の販売が今日からスタートしている。

「Eclipse Plus」 製品
「X58」+「ICH10R」+「nForce 200」搭載のLGA 1366対応MSI製ハイエンドマザーボード「Eclipse Plus」の販売が今日からスタート

 本製品は、チップセットの「X58」+「ICH10R」に加え、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」の3チップで構成され、PCI Express x16形状のスロットを4本(PCI Express 2.0 x16×3/PCI Express 2.0 x4×1)搭載するのが特徴。動作モードはx16+x16+x16+x4という構成で3-Way SLIやCrossFireXなどといったハイエンド構成が可能。付属品にはNVIDIA SLIケーブルが3本、ATI CROSSFIREケーブルが3本付いているのが確認できた。

PCI Express x16 ケーブル
PCI Express x16形状のスロットを4本(PCI Express 2.0 x16×3/PCI Express 2.0 x4×1)搭載。動作モードはx16+x16+x16+x4という構成で3-Way SLIやCrossFireXなどといったハイエンド構成が可能で、付属品にはNVIDIA SLIケーブルが3本、ATI CROSSFIREケーブルが3本付いている

 その他、主なスペックはPCI Express x16以外の拡張スロットがPCI Express x1×1(付属のX-Fi audio cardで使用)、PCI×1。オンボードインターフェイスにデュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、Serial ATA II×10、eSATA×2、IDE×1などを搭載。メモリスロットはDDR3が6本で対応はDDR3-1600(OC)/1333(OC)/1066/800、最大24GBまで搭載可能。

各種スイッチ類 I/O部
BIOS設定と連動してクロック調整を行う新機能 「OC Dial」を始めとした各種スイッチ類がズラリと並ぶ。POSTコード表示パネルをI/O部に備える
価格ショップ
「Eclipse Plus」
¥46,698クレバリー1号店
¥47,800ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥48,800アーク
ドスパラ秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中