このページの本文へ

eVGA「EVGA X58 SLI Classified」

「X58」+「nForce 200」のウルトラハイエンドマザーがeVGAから

2009年04月02日 22時58分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCI Express x16スロットを4本搭載する「X58」+「ICH10R」搭載のハイエンドマザーボード「EVGA X58 SLI Classified」がeVGAから発売となった。

PCI Express x16スロットを4本搭載する「X58」+「ICH10R」搭載のハイエンドマザーボード「EVGA X58 SLI Classified」がeVGAから発売

 この製品は、チップセットの「X58」+「ICH10R」に加え、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」の3チップで構成され、PCI Express x16形状のスロットを4本搭載するのが特徴。レーン構成はx16+x16+x16+x0 もしくはx16+x16+x8+x8。2-Way/3-Way SLIや3-Way SLI+PhysX、CrossFireXなどといった構成が可能で、ハイエンドゲーマー向けのマザーとして活躍してくれそうだ。

チップセットの「X58」+「ICH10R」に加え、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」の3チップで構成され、PCI Express x16形状のスロットを4本搭載するのが特徴

 その他、主なスペックはPCI Express x16以外の拡張スロットがPCI Express x1×1、PCI×1。オンボードインターフェイスにデュアルギガビットイーサネットや8chサウンド、IEEE1394、Serial ATA II×9、eSATA×1、IDE×1などをオンボードで搭載。メモリスロットはDDR3が6本で対応はDDR3-1600+/1333/1066/800、最大24GBまで搭載可能。販売しているのはアークで価格は5万6980円。入荷数は少量となっている。

価格は5万6980円と高価だが、入荷数は少量で貴重。ハイエンドゲーマー向けのマザーとして活躍してくれそうだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中