このページの本文へ

eVGA「EVGA X58 SLI Classified」

eVGAのX58搭載マザーに「nForce 200」省略モデル追加

2009年05月02日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCI Express x16スロットを4本搭載する「X58」+「ICH10R」搭載のハイエンドマザーボード「EVGA X58 SLI Classified」(型番:141-BL-E760-A1)がeVGAから発売となった。

141-BL-E760-A1 PCI Express x16スロットを4本搭載する「X58」+「ICH10R」搭載のハイエンドマザーボード「EVGA X58 SLI Classified」(型番:141-BL-E760-A1)がeVGAから発売

 同マザーボードは先日発売された「EVGA X58 SLI Classified」(型番:141-BL-E759-A1)の下位モデルとなるもの。違いはPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を省略した点で、4本搭載するPCI Express x16形状のスロットは、レーン構成がx16+x0+x16+x0 もしくはx8+x8+x8+x8。2-Way/3-Way SLIや3-Way SLI+PhysX、CrossFireXなどといった構成が可能な点は変わらないほか、その他のスペックも同様だ。
 オンボードインターフェイスにデュアルギガビットイーサネットや8chサウンド、IEEE1394、Serial ATA II×9、eSATA×1、IDE×1などをオンボードで搭載。メモリスロットはDDR3が6本で対応はDDR3-1600+/1333/1066/800、最大24GBまで搭載可能。価格はアークで5万2980円となっている。

製品 ポップ
「EVGA X58 SLI Classified」(型番:141-BL-E759-A1)の下位モデルとなる製品。違いはPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を省略した点で、4本搭載するPCI Express x16形状のスロットは、レーン構成がx16+x0+x16+x0 もしくはx8+x8+x8+x8。ちなみに上位モデルの売れ行きは好調で入荷と完売を繰り返している

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中