このページの本文へ

Pentium Mの最上位モデル765が登場!

2004年10月20日 18時25分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Pentium Mの最上位モデルとなるPentium M-765が登場した。実クロックは2.1GHz。
 Pentium Mは今週の日曜に価格改定され、従来の最上位モデルだったPentium M-755は最大2万円ほど価格が下落、7万円台から5万円前後の価格に。今回のPentium M-765は改訂前のPentium M-755とほぼ重なる価格帯となっている。

新たに登場したPentium M-765(2.10GHz)

 2次キャッシュ容量2MB、FSB400MHzというスペックは1つ下のモデル、Pentium M-755と同様だが、最大電圧はPentium M-755の1.34Vから若干上昇し、1.356Vとなっている。価格はUSER'S SIDE本店で7万5390円、ZOA 秋葉原本店で7万5800円。なおいずれの店舗でも入荷数はごく少量となっている。

ラベル 入れ替わり
最大電圧はPentium M-755の1.34Vから若干上昇し、1.356Vに価格は改訂前のPentium M-755と同程度の7万円台
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ