このページの本文へ

AOpenより安い!AGP/PCI-Xスロット搭載のPentium Mマザーが発売するも即完売

2004年10月27日 23時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Pentium Mマザーボードといえば、今月発売されたAOpen製「i855GMEm-LFS」が人気となっているが、今週月曜日にDFIからも対応マザーが登場している。「855GME-MGF」という製品で、価格が2万8980円と安価なのが特徴だ。

855GME-MGF
DFIの「855GME-MGF」チップセットに“i855GME+6300ESB(Hance Rapids)”を採用

 現在、約2万9800円前後で販売されているAOpen製品をさらに下回る価格設定となっているところで、Pentium Mマザーとしては最安の製品となる。また、Micro ATXフォームファクタとなるマザー本体のスペックもなかなかユニークで、チップセットに“i855GME+6300ESB(Hance Rapids)”を採用。それにより、PCI-Xスロットを1本搭載するほか、Serial ATAポートも2つ装備されている。ほかにAGPスロットも用意されており、全体の構成はAGP、PCI-X、PCI×2、DDR DIMM×2というものになる。また、チップセット統合のVGAやサウンド、IEEE1394、ギガビットイーサネットなどをオンボード。基板デザインは異なるが、全体的なスペックは以前こちらで紹介したリコー製「FB8M」(未発売)と良く似たものとなる。

拡張スロット インターフェイス
拡張スロット全体の構成はAGP、PCI-X、PCI×2、DDR DIMM×2というものにチップセット統合のVGAやサウンド、IEEE1394、ギガビットイーサネットなどをオンボード

 付属品には専用CPUクーラーのほか、Serial ATAケーブルやドライバCDが付くが、マニュアルやバックパネルが付かない点は注意が必要。さらにSpeedStep機能の対応状況も不明だ。それでも2万8980円という価格はかなり魅力的だが、残念ながら入荷したドスパラ本店ではすでに完売しており、次回入荷は11月とのことだ。

付属品 パッケージ
Serial ATAケーブルやドライバCDが付くが、マニュアルやバックパネルが付かない点は注意が必要だ2万8980円という価格はかなり魅力的だが、残念ながら入荷したドスパラ本店ではすでに完売しており、次回入荷は11月ということ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ