このページの本文へ

ついに入荷!AOpen製Pentium Mマザーが一斉に販売開始!

2004年10月07日 20時14分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日お伝えした通り、AOpen製Pentium Mマザーボード「i855GMEm-LFS」の販売が本日一斉にはじまった。

「i855GMEm-LFS」
「i855GMEm-LFS」。本日一斉に販売がはじまっている

 チップセットのヒートシンクはサンプル版のオーソドックスな形状から、“AOpen”のロゴをかたどったものに変更。また、IEEE1394がオンボードとなっているものの、基板上のヘッダピンのみ(バックパネル部にはなし)となっておりブラケットが付属していない点は注意だ。イーサネットはMarvel製“88E8001”チップ2つによるデュアルギガビットとなっている。
 パッケージにはマニュアルの補足事項が記載された書面が同梱されているが、それによるとチップセット(“i855GME”)の仕様上、AGPは4Xまでの対応で、4Xを動作させるためのコードをBIOSから省略している一部のAGP 8X対応グラフィックカードは動作不可とのこと。動作確認が取れたグラフイックカードはAOpenのウェブサイトに掲載されている。また、AOpenのウェブサイトで公開されている“ユーティリティ”をインストールしなければSpeedStep機能は使用できない。
 7日現在の入荷ショップと価格は以下の通りで、ほぼアキバ全域の店舗に入荷する勢い。ショップあたりの入荷数はおおむね1桁にとどまっており、すでに完売してしまったショップや、多数が入荷したもののすでに半数が売れてしまったというショップもあり、さすがの人気ぶりを見せている。

パッケージ」 ヒートシンク
パッケージもオリジナルデザインとなっているチップセットのヒートシンクは“AOpen”のロゴをかたどったもの
デュアルギガビット マニュアル補足
イーサネットはMarvel製“88E8001”チップ2つによるデュアルギガビットマニュアルの補足を記載した書面。一部のAGP 8X対応グラフィックカードは動作不可
価格 ショップ
AOpen
i855GMEm-LFS
\29,780 OVERTOP
\29,799 TSUKUMO eX.
ツクモパソコン本店
\29,800 アーク
ドスパラ秋葉原本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
USER'S SIDE本店
高速電脳
俺コンハウス
スーパーコム
ZOA 秋葉原本店(完売)
パソコンハウス東映
テクノハウス東映
明日入荷 クレバリー1号店
フェイス
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ