このページの本文へ

“Dothan”コアを搭載するPentium Mに最上位モデル「Pentium M 755」が登場!

2004年06月05日 21時44分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プロセッサ・ナンバ パッケージ裏面
動作クロック2GHz、2次キャッシュ容量2MBとなる最上位モデルだパッケージ裏面からはCPU本体が確認できる

 先月登場した“Dothan”コアを搭載するPentium Mに、新モデル「Pentium M 755」が加わった。動作クロックは2GHzで、同シリーズ最上位モデルとなる製品だ。



パッケージ 仕様
最近ちょっとしたブームとなっているPentium M最高峰のCPUだけに、注目度は高いパッケージ横の仕様が記載されたシール
S-Spec 価格ポップ
S-Specは“SL7EM”。クロックと2次キャッシュも確認できるPentium M系CPUの取り扱いショップもかなり増えてきている

 この製品は、すでに発売中の動作クロック1.8GHzの「Pentium M 745」、動作クロック1.7GHzの「Pentium M 735」と同時に発表されたCPUだ。動作クロック以外の、2次キャッシュ容量2MBやFSBが400MHz、最大電圧1.34Vといった仕様は変化はない。価格はTSUKUMO eX.で8万640円、OVERTOPで8万1800円と先に登場した2製品と比べると少々高めだが、最近ブームとなっているPentium M最高峰のCPUだけに、要注目といえよう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ