このページの本文へ

新Pentium M発売のなかひっそりと……Celeron M-370も登場

2005年01月11日 23時47分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週販売がはじまったFSB533MHz版Pentium Mに続いて、Celeron Mの新モデル、Celeron M-370の販売もはじまっている。FSB533MHz版Pentium Mと同様、インテルからはまだ発表されていないモデルだ。

Celeron M-370
Celeron M-370。FSB533MHz版Pentium Mに続いての登場となった

 パッケージのラベルからは実クロック1.5GHz、2次キャッシュ1MB。FSBは400MHz、S-Spec“SL86J”というスペックが読み取れる。価格はクレバリー1号店で1万5193円、ドスパラ秋葉原本店で1万5900円となっており、Pentium Mの最低クロックであるPentium M-715(1.5GHz)と、これまでのCeleron Mの最高クロックであるCeleron M-360(1.4GHz)のほぼ中間となる価格だ。

スペック S-Spec
2次キャッシュ1MB、FSBは400MHzというスペックは従来のCeleron Mと共通S-Specは“SL86J”。ちなみに11日現在インテルのウェブサイトには情報はない
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ