このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

次世代Windowsの姿が見えた!第19回

DLNAや地デジ対応を強化 Windows 7の実像 Part 7

2009年03月02日 14時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7ではVistaで搭載したAV機能をより強化している。まず「Windows Media Player 12」の搭載に始まり、「DLNAガイドライン 1.5」(DLNA 1.5)への対応、Windows Media Centerの機能強化などが挙げられる。


Windows Media Player12の搭載

Windows Media Player 12
Windows 7の「Windows Media Player 12」

 Windows 7では新しい統合メディアプレーヤー「Windows Media Player 12」(WMP12)が搭載された。見た目はあまり変わっていないが、新しい機能や使いやすいUIを目指して改良されているという。

ライブラリの画面 ライブラリの画面。UIはWMP11とあまり変わらない

 WMP12では、コンテンツ一覧である「ライブラリ」に、ネットワーク上にあるDLNAサーバー(Windows Media Connect対応サーバー)内のコンテンツが表示される。フォルダー共有設定を行なわなくても、ネットワーク上のパソコンやDLNAサーバー機能を持つNASにあるビデオや音楽を簡単に再生できる。

ネットワーク上のDLNAサーバーの情報を…… リストに表示された楽曲をプレビュー再生できる
WMP12では、ネットワーク上のDLNAサーバーの情報をライブラリで一括して見られるライブラリの音楽では、リストに表示された楽曲をプレビュー再生できる

 音楽やビデオを再生すると、自動的に再生画面(Now Playing)に切り替わるようにもなった。これにより、WMP11の「プレイビュー」ボタンはなくなった。

 視覚エフェクトの機能も少し変わった。WMP11では音楽再生時の視覚エフェクトを、「あり」か「なし」しか選べず、なしでは画面中央に何も表示されなかった。一方WMP12では、「No Visualization」という項目に変更されている。No Visualizationを選ぶと、視覚エフェクトを表示せずに、アルバムのジャケット写真や現在流している曲名などを表示する。

「No Visualization」に設定しておけば…… 「No Visualization」に設定しておけば、視覚エフェクトの代わりに楽曲情報が表示される

 また、タスクバーに表示されているWMP12のアイコンにマウスカーソルを合わせると、サムネイル画面「ウインドウプレビュー」が表示される。ウインドウプレビューだけならVistaでも表示できたが、Windows 7で便利なのは、ウインドウプレビュー上に再生操作ボタンがついたことだ。WMP12をタスクバーに最小化していても、簡単な操作ならウインドウプレビューだけでできる。

最小化状態でも簡単な再生操作ができる Windows 7のウインドウプレビューを使って、最小化状態でも簡単な再生操作ができる

 WMP12はWindows 7のジャンプリストにも対応しているので、タスクバーアイコンを右クリックをすれば、最近再生した曲やビデオなどのリストが表示される。

WMP12のジャンプリスト(英語版)。ライブラリの項目やプレイリストを選択できる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン