このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows 7 vs Vista vs XP

画面で比較 こんなに変わったWindows 7 Part3

2009年02月04日 10時00分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7の変更点を、Windows VistaやWindows XPとの画面比較で解説する本企画。第3回ではデスクトップ関連の変更点とコントロールパネル、付属アプリケーションの違いを見ていく。


デスクトップ ウインドウの透明化や新しいサイズ変更が追加

 Windows 7では、ウインドウを透明化したり簡単にサイズ変更する機能を備えて、多数のウインドウから目当てのものを探したり、ウインドウを整頓しやすくなっている。第1回に掲載した、ウインドウプレビューを使ったウインドウ選択もそのひとつだ。

ウインドウプレビューからウインドウを選択する際は……

ウインドウプレビューからウインドウを選択する際は、カーソルを合わせたウインドウ以外を透明化して分かりやすくする

 またWindows 7では、ウインドウの透明化を使ってサイズ変更をビジュアルで見せる工夫が目立つ。例えば、ウインドウのタイトルバーをドラッグして画面上端に移動すると、そのウインドウが最大化される。最大化の際には変更後のウインドウのサイズを、枠を残して透明化したウインドウの表示で示す。

デスクトップ全体を覆う透明化ウインドウが表示される

ウインドウを画面上端にドラッグすると、デスクトップ全体を覆う透明化ウインドウが表示されて、最大化をビジュアルで示す

 また、タイトルバーをドラッグして画面の左右端に移動すると、デスクトップ画面半分のサイズに自動変更される。

ウインドウのタイトルバーを左端にドラッグすると……

ウインドウのタイトルバーを左端にドラッグすると、画面半分サイズの透明ウインドウが表示され……

自動でそのサイズに変更される

マウスボタンを離すと、自動でそのサイズに変更される

 さらに、最大化したり半分のサイズに変更されたウインドウは、タイトルバーを少しドラッグすると、自動で元のサイズに戻る。いずれもデスクトップとウインドウの使い勝手を大きく変えるものではないが、Windows 7がウインドウの扱いに新しい工夫を盛り込んでいるのが分かる。

「デスクトップを表示」機能は、Windows 7ではタスクバー右端の細長いボタンに変更

VistaやXPでは「クイック起動」上のアイコンで存在した「デスクトップを表示」機能は、Windows 7ではタスクバー右端の細長いボタンに変更された。ボタンを押しっぱなしにすると、すべてのウインドウが枠を残して透明化される


デスクトップのカスタマイズも変更

Windows 7のデスクトップでのコンテキストメニュー

Windows 7のデスクトップでのコンテキストメニュー

Vistaでのコンテキストメニュー

Vistaでのコンテキストメニュー

XPでのコンテキストメニュー

XPでのコンテキストメニュー

 細かい変更点だが、デスクトップを右クリックして表示されるコンテキストメニューの内容と、デスクトップのカスタマイズ画面も変わった。

 XPまでのWindowsは、コンテキストメニューにある「プロパティ」から、壁紙やテーマの変更、画面解像度の変更を行なっていた。Vistaではこれらが「個人設定」という項目にまとめられ、壁紙やウインドウフレームの色変更を、実際の画面上でプレビューしながら変更できるようになった。

 Windows 7のコンテキストメニューでは、個人設定内にまとめられていた「画面の解像度」が独立してメニューに載ったほか、ガジェットギャラリーもメニューに加わった。

 この変更は、Vistaの個人設定がサウンドやマウスポインターの設定まで含めたため、旧来の設定項目だけにアクセスしたい場合に目当ての項目を見つけにくくなった、その反省によるものではないだろうか。

Windows 7の個人設定トップ

Windows 7の個人設定トップ。テーマの選択がトップに来ている。選択方法もサムネイルからの選択になった

Vistaの個人設定トップ

Vistaの個人設定トップ。多数の項目が並ぶため、XPから移行した直後は戸惑いを感じた

XPでの画面のプロパティ

XPでの画面のプロパティ。Windows 95の頃からあまり変わっていなかった

 個人設定の見せ方も変わった。Windows 7で個人設定を開くと、トップ画面としてテーマの選択が表示される。ちなみに、各テーマは壁紙やウインドウフレームの色がサムネイルで表示される。ただし、ここで各テーマをクリックしてしまうと、OKボタンやキャンセルボタンもなく、いきなりそのテーマにデスクトップが切り替わってしまう。これはさすがに不親切なので、クリックでプレビュー、OKやキャンセルで確定に改善してほしいところだ。

 なお、半透明のフレームだけでなく、クラシックなWindowsスタイルのテーマも用意されている。ただし、スタートメニューのクラシックスタイルは選べなくなっている。

Windows 2000風のテーマを選択してみた

Windows 2000風のテーマを選択してみた。このテーマだと、ウインドウプレビューや半透明化も使えない

 壁紙に関するささやかな新機能としては、複数の壁紙画像を選択して、指定時間ごとに壁紙を自動で切り替える機能が加わった。壁紙画像を多数コレクションして、定期的に切り替えて楽しんでいる人には喜ばれそうだ。

壁紙を時間ごとに切り替える機能が追加

壁紙画像を複数枚指定して、時間ごとに切り替える機能が追加された。選んだ壁紙画像には、左上にチェックマークがついている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン