このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スーパーママチャリGP参戦記第4回

ママチャリで走った富士スピードウェイ!  写真でコースを紹介!

2009年01月10日 21時00分更新

文● 荻窪 圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コース前半は快適クルージング

 走ってきたっす。富士スピードウェイをママチャリで2周も。しかも写真を撮りながら、途中で降りて自転車を押すこともなく。人間、明日のことを考えなければなんとかなるもんだ。

前走者から自転車を受け取ってスタート。ピットロードは追い越し禁止なので徐行し、いよいよコースへ

信号は青。ピットロードを抜けるとすぐに第一コーナーである。第一コーナーは高速でつっこむと危ない……というけれども、実際、ピット上がりではそんなにスピードには乗ってないので気持ちよくぐぐっとコーナリング。ちなみに、ホームストレートを抜けてここに入るときはアウトを回るとスピードを落とさなくても気持ちよく曲がれます。ただ、高速で進入できる割にコーナーがキツいので転倒者が多く出る場所だ

第一コーナーからコカコーラコーナーはメチャ快適な下り坂。どんどんイケる。気持ちよく走ってたらハンドルがガタガタとブレだした。こりゃやばいってんで、ハンドルにつけたハンディGPSを見ると、時速46km。ひゃあ。全然気づかなかったよ。結論、ママチャリの速度限界は約45km。それ以上出すと危険です

適度に速度を抑えつつ(向かい風なのでブレーキングしなくても速度は落ちてくれるのだ)コカコーラコーナーを左に曲がると、次はゆるい100Rのコーナー

これはもう写真を見るとわかるように、広くて気持ちよいのである。しかも100Rを曲がると目の前には……

富士山が白く美しく輝いているのだ。バンザイっ。だがしかし、人生楽ありゃくも膜下出血。下りの次は登りがまってるのだ。今日学んだ、富士スピードウェイの鉄則……「富士山が見えたら地獄が待っている」。富士山には気をつけよう

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ