このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第3回

水ロタ車試乗 ハイドロジェンRX-8試乗インプレッション

2008年05月10日 12時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

問題は多いが未来が見える水素エンジン

 試乗途中に、水素からガソリンに燃料を切り替えたのですが、正直なところ、こちらの方が気持ちよく走れることは確かです。しかし、車重が1460kgもあるRX-8に110psのエンジンなので仕方ないところもあります。今後は搭載車両やエンジンの出力アップなど、現在開発している技術で何とかカバーできる方法を提案してくれるはずです。

 今回は約20kmの試乗でしたが、水素燃料は1/3ほど消費していました。水素が満タンで100kmという走行継続距離も、これから克服しなくてはいけない問題のひとつではあります。まだまだ試験段階で実用化には壁がありますが、実際に試乗してみて、そう遠くない未来には水素自動車が街中を走る可能性を十二分に感じさせられました。

車載ビデオ語り手中野清氏(マツダ(株) 技術研究所 シニアテクニカルスペシャリスト)


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン