このページの本文へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第3回

水ロタ車試乗 ハイドロジェンRX-8試乗インプレッション

2008年05月10日 12時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

試乗するために必要なこと

 まず、RX-8ハイドロジェンREを運転するためには、普通自動車免許と国土交通省が定めた安全講習を受講することが必須です。しかし、資料に目を通し、マツダの開発者から説明を聞くだけなので、決して難しいものではありません。資料は、RX-8ハイドロジェンREの簡単な取り扱い説明書になっていて、誰でも理解できる内容になっています。自治体などにリース販売している車両に関しては、さらに詳しい説明書が付いていて、万が一のトラブルに対しても、東京と広島の技術者が24時間体制でサポートしているそうです。

「ハイドロジェンRX-8」のインテリア。市販車のRX-8と違うのは、ガソリンの燃料計に加えてH2(水素)の燃料計があること、それに対応して給油口レバーも水素用があることです(ハイドロジェンRX-8はガソリンでも走ります)。そして最大の特徴が水素とガソリンを切り替えるスイッチがついていることです(写真右)。RX-8らしくおにぎりのようなローターの形を模した逆三角形のデザインになっています

 講習を受け、いざ運転席に座り試乗開始です。助手席には、規定によりマツダの開発スタッフが同乗することになっています。イグニッションをまわし、エンジンスターターを押すとアイドリングが開始します。このときの燃料は水素。エンジン音がガソリンを燃料にしたときと比べると、少し異なることに気づきます。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン