このページの本文へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第3回

水ロタ車試乗 ハイドロジェンRX-8試乗インプレッション

2008年05月10日 12時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パワー感はないが一般道を走るには十分

 エンジンは市販のロータリーエンジンと同様のパーツを使用して組み立てられていますが、アクセルを踏んでいくと、排気音もロータリー独特の「キィーン」という甲高いサウンドとは異なり、やや低音になっています。しかし、無音で走行する電気自動車とは違い排気音がするので、ドライバーにとっては、運転しているという感覚があり楽しさもあります。また、アイドリング時にはガスインジェクターの作動音が聞こえましたが、走行しているときは、それほど気になりません。

 パワーは、市販されているRX-8(210ps)に比べて、約半分の110ps。トルクは通常の22.6kgmに対して、14.3kgm。スペック的にはRX-8にしては非力だと感じるかもしれませんが、それでも一般道を走る分には十分です。ガソリン使用時に比べて、俊敏なエンジンのレスポンスやパワー感はありませんが、停車時からの発進や車線変更などでも、流れには余裕で乗れます。ただ、坂道ではパドルシフト(試乗車は4AT)を駆使してエンジン回転数を合わせないと、ちょっぴりストレスを感じます。

途中で水素ステーションに立ち寄り、水素充填のデモンストレーションを見せていただきました(実際には充填していません)。このように一見、ガソリンの給油方法と変わりませんが、取り扱いはかなりデリケートなようです


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン