このページの本文へ

水素自動車はもはや未来ではなく現実なのか!

水素ハイブリッドのスポーツカー売ります

2008年06月12日 13時00分更新

文● 末岡大祐/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガソリン高騰が影響しているのか、最近は様々な次世代コンセプトカーが発表される。しかし、あくまでもコンセプトカーなので、発売されるかどうかわからないし、発売するとしてもかなり先の話になってしまうこともしばしば。しかし、なんと年内に次世代スポーツカーを発売するという男気溢れるメーカーがあった!

RMC
車名どおりサソリが地を這うようだ。ツルっと滑らかなデザイン、そしてペタッとした低い車高。やはりスポーツカーは「ツルペタ」でなければ!

 アメリカはテキサス州にある「ロン・モーター・カンパニー」(RMC)が開発した「スコーピオン」は、水素とガソリンで動くハイブリッドスポーツカー。ほかの水素自動車と決定的に違う部分は、なんと水素貯蔵タンクを必要としない点だ。RMCによると「水タンクからの電気分解によって、水素を必要なだけ生成する」とのこと。また、エンジンにホンダのV6、3.5リッターエンジン(VTEC)を採用している点も見逃せない。ターボを装着すれば450馬力以上のパワーを発揮するという。

RMC
オシリも非常にセクシー。クリーンなエンジンだから、オープンで走ればもっと気持ちよさそうだ

 このスコーピオン、なんと年内の販売を目指して動いており、すでに予約を受け付けている。なお、価格は$150,000(約1600万円)で、デポジットとして$50,000(約540万円)を先に支払う必要がある。初年度は200台しか生産しないようなので、さあ急げ!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン