このページの本文へ

最上位モデルはフルスクリーン×マルチタッチ!!

アップル、iPod touchを加えた新iPodファミリーを発表

2007年09月06日 08時20分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルメタル筐体のiPod classic

iPod classicの特徴は、なんといってもその本体デザイン。従来のiPodは前面がポリカーボネートで覆われていたが、iPod classicはアルミニウムに変更。高級感を演出している。裏面は従来同様、ステンレスだ。

旧iPod(左)とiPod classic(右)。写真でみると似たような印象だが、実際に触ってみると前面がアルミニウムで覆われているiPod classicのほうが質感が高い

iPad classicは、従来のiPodに比べ0.5mm薄くなっている。

iPod classicの主な仕様と価格
価格 2万9800円 4万2800円
容量/曲数 80GB/2万曲 160GB/4万曲
カラー シルバー/ブラック
バッテリー駆動時間 音楽再生最長30時間/ビデオ再生最長5時間 音楽再生最長40時間/ビデオ再生最長7時間
ディスプレイ 2.5インチカラー液晶(LEDバックライト付き)
本体入出力ポート Dockコネクタ/ステレオミニジャック
接続方法 USB(Dockコネクタ経由)/コンポーネントおよびコンポジットビデオ(Dockコネクタ経由、AVケーブルまたはキット(別売)使用)/オーディオ出力(ヘッドフォンジャック)
充電時間 約4時間(2時間でバッテリー容量の80%を高速充電)
オーディオフォーマット AAC(16〜320 Kbps)/保護されたAAC(iTunes Storeから購入)/MP3(16〜320Kbps)/MP3 VBR/Audible(フォーマット2、3、4)/Apple Lossless/WAV/AIFF
Photoサポート(対応フォーマット) JPEG/BMP/GIF/TIFF/PSD(Macのみ)/PNG(iPodで表示可能なサイズに変換))
ビデオサポート(対応フォーマット) H.264ビデオ(最大1.5Mbps、640×480ピクセル、毎秒30フレーム、ベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)/H.264ビデオ(最大2.5Mbps、640×480ピクセル、毎秒30フレーム、最高レベル1.3のベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)/MPEG-4ビデオ(最高2.5Mbps、640×480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)
サイズ(幅×奥行き×高さ)/重量 61.8×10.5×103.5mm/140g 61.8×13.5×103.5mm/162g
付属アクセサリ イヤフォン/USBケーブル/dockアダプタ

収録している楽曲のジャケット画像を一覧できる「Cover Flow」機能はもちろん搭載。インターフェースは従来の文字ベースのものから進化し、画面の右半分でアルバムジャケットをプレビューできるなど、使い勝手が向上している。

従来同様に画像やムービーの再生機能を備えているほか、Cover Flowによる楽曲のブラウズ機能を搭載。新しいメニュー体系により、操作性が向上している


(次ページに続く)

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中