このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第35回

本当の仕事は「飲み会」にあり? COMPUTEXのウラ話

2017年06月28日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さてさて、前回COMPUTEX終了後に起こるパッサパサの菓子テロをお送りいたしましたが、今回は会期中の重要なお仕事をお送りしたいと思います。

 COMPUTEX会期中は、新しい商材を探したり、新しい台湾メーカーさんとのコネクションを構築したりするのがメインのお仕事だったりするのですが、それと同じレベルで、普段お付き合いしている台湾メーカーさんにご挨拶したり、会議をしたりするのも大切なお仕事です。

 が、実はそれ以上に重要な仕事が、日本の業界人には控えているのです。

 それが…

 飲み会!

 日本の取引先同士であれば、飲み会なんてさくっと日程と場所さえ決めればいつでも開催できるのですが、海の向こうとなると訳が違います。そう、日本の担当者が台湾に一堂に集うこのCOMPUTEXは、台湾のメーカーさんと日本の担当者で盛り上がる絶好の機会なのです! 早いと、開催1ヵ月も前から、台湾での飲み会の調整が入ったりする気合いの入れよう。そして当日になれば、挨拶や会議をさっさと切り上げて、繁華街へと繰り出します。

 当然のごとく、私も台湾に赴いた際は、この飲み会のメンバーでした。

 が、

 この「飲み会」という重要なお仕事の中に、もっと重要なお仕事が隠されていたのです。しかも、「絶対に今後役に立たせたくない」仕事が……。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!