このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第39回

珍しくメーカーが言うことを聞いてくれるタイミングで起きた悲劇

2017年07月26日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて、手術前日だろうが有給休暇中であろうが、いつも担当していた某メーカーに無茶を振られていたヤマダですが、ごくまれに形勢逆転することがありました。つまり「メーカーの担当者がこちら側の言うことを聞いてくれる」。

 前回お送りしたカンファレンスをともなう海外出張中は、まさにこの「言うことを聞いてくれる」期間でした。会場の移動や食事場所への移動など、ほとんどすべてエスコートしてくれるため、かーなーり楽でした。

 なので24時間稼働でも、アメリカにいる間の昼間は日本にいるときのように電話攻撃も事務作業もないため、逆に体が休まっているのでした(それはそれでおかしい)。

 そしてヘトヘトになっているメーカーの担当者。恐らく彼らも24時間稼働しているに違いありません。

 が、あろうことか我が社の担当者がヘトヘトをとおり越して体調を崩してしまったのです! このカンファレンス期間にメーカーさんに甘えるつもりが、結果的にしてやられてしまったのでございます。はぁぁぁホント甘えるんじゃなかった……!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!