このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第95回

Windows XPから派生した「64bit Edition」「Tablet PC Edition」が時代を先取り過ぎていた

2018年08月22日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「あなたのOSはどこから?」と聞かれたときに、おそらく大多数のみなさんはXPかと思います。ヤマダ世代はもしかしたら95とか98とかもいらっしゃるかもしれませんが。

 XPの時期は、インターネットのおかげでちょうど一般家庭にもPCが入りだし、「はじめて使ったパソコンのOSがXPだった」って人が多いんですよね。それだけにサポート終了の時はもうすごかった。

・え? XP使えなくなるの?(一般人からあった質問)
・やっばい! 買い替えなきゃ!(アホみたいに売れるWindows 7 not 8)
・8より7のほうがいいんでしょ?(やめてくださいお母さん)

 Vistaも少し前にサポート終了しましたが、同じようなことには決してなっていないことに涙が出ます。Windows 7のサポート終了(2020年1月14日:日本時間)のときもまたそれなりにてんやわんやになるのかな。Windows 7のDSP版販売終了のときを考えると、いろんな意味で楽しみです。

 さて、そんなXPですが、Home EditionとProfessional以外にもEditionがあるのはご存じでしょうか? Media Center Edition(リモコンで動かせるアレ)は、ちょこちょここのコラムで披露していますが、ほかにも……

・64bit Edition→当時としては64bitに対応した画期的なOS(いろんな意味で)
・Tablet PC Edition→入れたからといってタッチにはならないけれど……なOS

 なるものがあったのですよ! しかもたぶん64bitは深夜販売もやった……はず(うろ覚え)。

 そんなXPから派生? した3つのOSにまつわるお話をすこし思い出してみました。「おっ……、お前がそれ言っちゃう?」的な発言もありまして。

※ Bing様(あえて)で検索したところ、64bitは深夜販売やってますね

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!