• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024March

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

プロジェクトマネージャーの篠崎秀行氏とディレクターの櫻井啓介氏のインタビューも必見!

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

2023年11月22日 12時00分更新

文● ミヤザキ/ASCII

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

 スパイク・チュンソフトは10月末日、「不思議のダンジョン 風来のシレン」シリーズ最新作となる『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』のメディア向け体験会を開催した。ここでは、そこで体験できた本作の手触りをお届けしよう。

 本作の対応プラットフォームは、Nintendo Switch。発売日は2024年1月25日、価格はパッケージ版/ダウンロード版ともに6985円となる。

「不思議のダンジョン 風来のシレン」とは?

 多くの読者は知っていると思うが、まずは簡単に「風来のシレン」シリーズについて説明しよう。本シリーズは、PCの黎明期に発売された『ローグ』というダンジョンRPGを家庭用ゲーム機向けに遊びやすくした、日本産ローグライクRPGの代名詞といえる作品。

 入るたびに地形が変わるダンジョン、HPがなくなったり、空腹でダンジョン内で倒れたりすると、それまで集めた道具はなくなりレベル1からやり直しになるというシステムを採用。このシステムのおかげで毎回新鮮な感覚で遊べ、何千回でも遊べるゲームとして根強い人気を得ている。

 なお、HPは薬草などの道具で回復できるほか、満腹度が残っている限り、行動するたびに回復していく。満腹度はおにぎりなどの食事用の道具を食べることで増え、満腹度が0の場合、HPも徐々に減っていく。

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった
人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

上の写真と下の写真の左上のマップを見てもらえばわかる通り、ダンジョンの同じ区画でも入るたびにガラッと地形が変わる

 ダンジョン内は、プレイヤーキャラクターと敵が交互に行動するターン制で進行。シレンを動かさなければ敵も動かないので、じっくりと次の行動を考えられるのがポイントだ。

 武器などの装備品を含む道具類は基本的にダンジョン内で調達。こういった道具の出現などもランダムとなっており、毎回先の読めない展開が味わえるのも本シリーズの醍醐味となる。

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

魔法のような技が使える巻物や、道具を収納できる壺など、出現する道具は多岐にわたる

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

ダンジョンにはトラップも。矢が飛んで来たり、最大満腹度が下がったり、さまざまな効果のものがある

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

ダンジョンで人と出会うことも。道具が買えたり、交換できたりする

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

ダンジョンを進むと中継地点のような場所があり、そこで道具を購入できる

 『風来のシレン6』では、巨大な敵「デッ怪」が登場したり、モンスターや道具を自由に配置して敵への対処法を練習できる「もののけ道場」など、新たな要素を追加。

 シリーズに触れたことのある人には新鮮に、初心者にはゲームの遊び応えが増す要素になっている。本作からの新要素についてはこちらの記事でも紹介しているので、あわせてチェックして欲しい。

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

「デッ怪」は、体の前方と左右を「デッ怪バリア」で守られた通常のモンスターより一回り大きな敵。「デッ怪ホール」という穴から出現し、しばらくフロアを徘徊して、その後に姿を消すという行動を繰り返す

人生初の「不思議のダンジョン」体験!『風来のシレン6』は初心者にも優しいダンジョンRPGだった

「もののけ道場」は、ダンジョン内で一度でも出会ったことのあるモンスターや入手した道具、経験した罠を自由に配置してダンジョンの練習ができる機能。倒された敵への対処法などを研究できる

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう