このページの本文へ

フレキシブルヒーター市場ータイプ別(シリコーンゴムベース、ポリイミドベース、ポリエステルベース、マイカベース)、産業別(電子・半導体、航空宇宙・防衛、医療など)、地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.
2021年09月09日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「フレキシブルヒーター市場ー世界的な予測2030年」新レポートを 2021年09月09日に発刊しました。この調査には、フレキシブルヒーター市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-106438


フレキシブルヒーター市場は、2022年に1,173.9百万米ドルの市場価値から、2030年までに1,947.5百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.5%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/flexible-heater-market/106438

幅広いアプリケーション、およびいくつかの業界からの需要の高まりなどの要因は、フレキシブルヒーター市場の成長を推進しています。さらに、柔軟なフォームファクタ、技術の進歩、革新的な製品の発売、と医療用途での柔軟なヒーターの高い採用も、フレキシブルヒーター市場の大幅な成長を後押ししています。また、電子・半導体産業からの需要の高まり、および新しく開発中のフレキシブルヒーターアプリケーションは、グローバルなフレキシブルヒーター市場の成長にいくつかの機会を生み出しています。半導体製造でフレキシブルヒーターが広く使用されているため、これらのヒーターは、プラズマエッチングシステム、プロービングステーション、ICテスト処理装置、フォトレジストトラックシステム、コピー機、LCD画面予熱、ATM、半導体テストモジュール、ハンドヘルドスキャナーなどで使用できます。さらに、フレキシブルヒーターは、コーヒーメーカー、ワックスメルター、冷蔵庫などの電子機器にも使用されています。これらの製品の需要の高まりは、フレキシブルヒーター市場の成長を推進しています。

しかし、フレキシブルヒーターの高い運用コストは、フレキシブルヒーター市場の成長を抑制する可能性があります。

フレキシブルヒーター市場セグメント


フレキシブルヒーター市場は、タイプ別(シリコーンゴムベース、ポリイミドベース、ポリエステルベース、マイカベース、その他)、産業別(電子・半導体、航空宇宙・防衛、医療、自動車、食品・飲料、石油・ガスと鉱業、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、シリコーンゴムベースのセグメントは2022ー2030年の間に最大なCAGRで成長すると予想されます。

シリコーンゴムベースのフレキシブルヒーターは、半導体システム(プラズマエッチングシステム、プロービングステーション、ICテスト処理装置、フォトレジストトラックシステム)および電子機器(冷凍装置、コーヒーメーカー、ワックスメーカー)で使用されます。これらのシステムの需要の高まりは、予測期間中にシリコーンゴムベースのセグメントの成長を促進すると予想されます。

産業に基づいて、電子・半導体セグメントは、2022ー2030年の間に市場で主要なシェアを占めると予想されます。

電子・半導体セグメントは最大の市場シェアを保持していり、予測期間中にフレキシブルヒーター市場で最大なCAGRを登録すると予想されます。この業界で、フレキシブルヒーターは、プラズマエッチングシステム、プロービングステーション、ICテスト処理装置、フォトレジストトラックシステム、コピー機、LCD画面予熱、ATM機、半導体テストモジュール、ハンドヘルドスキャナー、およびその他のさまざまな装置で使用されています。これらのヒーターは、冷凍装置、コーヒーメーカー、ワックスメーカー、その他のさまざまな電子製品などの電子機器にも使用されています。これらの製品の需要の増加は、このセグメントの成長を促進すると予想されます。

フレキシブルヒーター市場の地域概要

フレキシブルヒーター市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域(APAC)のフレキシブルヒーター市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。APAC地域は、中国、日本、インド、およびその他のAPAC諸国で構成されています。医療機器、分析機器、航空電子工学と防衛システム、半導体プロセス、および業務用食品機器におけるフレキシブルヒーターの需要の高まりが、APACのフレキシブルヒーター市場の成長を後押ししています。さらに、エレクトロニクス、半導体、自動車はAPACの主要産業であり、医療機器産業と食品機器産業は今後数年間で最も急速に成長すると予想されます。さらに、この地域の経済成長、と中国やインドなどの国での運用コストの削減という利点により、APACでのフレキシブルヒーターの需要が高まると予想されます。

フレキシブルヒーター市場の主要なキープレーヤー

フレキシブルヒーター市場の主要なキープレーヤーには、NIBE Industrier AB(スウェーデン)、Honeywell International(米国)、Omega Engineering(米国)、Watlow Electric Manufacturing(米国)、Smiths Group plc(英国)、Chromalox(米国)、Rogers Corporation(米国)、Minco Products(米国)、 Zoppas Industries(イタリア)、All Flex Flexible Circuits(米国)などがあります。この調査には、フレキシブルヒーター市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106438

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ