このページの本文へ

海のレシピが、物語と記憶をつなぐ。海を知る新たな冒険の旅がはじまる。「食」×「ものがたり」×「人」で海を伝える、新感覚のウェブマガジン「海のレシピプロジェクト」がオープン!

海と日本プロジェクト広報事務局
2021年09月07日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

海と日本プロジェクト広報事務局
2021年8月31日(火)11:00 公開

2021年8月31日(火)、海のレシピプロジェクト実行委員会(東京都渋谷区・代表理事 山本 徹)は、海にまつわる「食」「ものがたり」「人」を通して海を伝えるウェブマガジン「海のレシピプロジェクト」をオープンしました。この企画は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環として実施しています。



アーティストや生産者、料理家とコラボ。食×ものがたりから海を探る冒険の旅。
「海のレシピプロジェクト」は、毎回テーマに沿って「海の食材を用いた料理」「海や魚を題材にした本や映画・音楽・アートのものがたり」「各地の海や海と共に生きる人の声」の3つの切り口からひとつの記事を作る“体験型レシピメディア”です。本や映画、音楽、アート等に登場する海のシーンからインスピレーションを得て、料理家とつくる「海のレシピ」を公開。各地の海へ足を運び、海で生きる人たちに取材し、体験して初めて知りえた、海にまつわる知識やストーリーを紹介していきます。「海のレシピプロジェクト」は、「食」と「ものがたり」と「人」から海を伝えることで、海の食材を用いた料理の作り手や、海を思う人が増え、循環していくことを目指しています。

想像力を支える感性を育む、料理×物語=“海のレシピ”
小説や絵本、詩、映画やアート。物語を身体に取り入れることもまた、心の大切な栄養です。物語を通して 初めて経験する感覚は、実生活と同じくらい、私たちが生きていく上で大切なことを教えてくれます。ずっと描いていた物語の中に出てきた料理を、実際に食べられるとしたら? 作品に登場する、海にまつわる料理や場面からインスピレーションを得て、料理家とともに「海のレシピ」を紹介していきます。できたての料理を食べると、不思議と知りたくなる海のこと。生命のメカニズム、漁師さんの一日、大昔から私たちが共に生きてきた、まだ知らない海のこと。そんな思考の連鎖を「海のレシピ」から始めます。


「海のレシピプロジェクト」 とは
最近、魚を食べましたか? 素足で浜辺を歩きましたか?
「海のレシピプロジェクト」は、私たちの島国ニッポンを取り囲む広大な海を、愛しながら暮らしてみようと試みる、新たな“体験型レシピメディア”です。海の幸を料理することも、海を身近に感じられる作品に触れることも、海の現状を知ることも、すべては海を愛しているから。料理を作って、本を読んで、海に行こう。
私たちがずっと海と共に暮らしてきたことを思い出すプロジェクトです。


サスティナブルって? と考える前に、まずは毎日の海食からはじめませんか 。
環境問題を一人ひとりがすぐに解決することは難しくても、毎日の食事を大切にすること、この食材はどこから来たんだろう、と目の前の食材に思いを馳せることが、解決へ繋がる近道だと考えています。魚、貝類、カツオや昆布など、海産物が食卓にのぼることが少なくなった現代の食卓を、新鮮な海の幸で彩ることができたら。「目の前の魚は、どんな海から来たんだろう?」。その想像力を支える感性こそが、大切なことだと思うのです。

「どんな食材を使おうかと考えることは、すでに台所の外を飛び出して、社会や大自然を思っていることにつながります」
『料理と利他』(ミシマ社)土井善晴・中島岳志より、一部抜粋

「海の都合に合わせることが、最も魚を美味しく食べるコツだ」
『あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか』(角川学芸出版)生田與克より、一部抜粋

「お話は大事なの。食べものと水が大事なように」
『少女と少年と海の物語』(東京創元社)クリス・ヴィック(杉田七重訳) より、一部抜粋

「海のレシピプロジェクト」コンテンツ概要
海のレシピプロジェクトは、「海の食材を用いた料理」「海をテーマにした本や映画、アート、音楽のものがたり」「海に生きる人々の声」、3つの要素をひとつの記事にして伝える“体験型レシピメディア”です。
ウェブマガジンの記事配信、音声メディア配信のほか、イベントも開催予定です。



Recipies │つくる
全国各地の豊富な魚貝類、海の産物を取り入れた
オリジナリティ溢れる海のレシピを
料理家の方々と創作してお届けします。



Stories │かんじる
映画、本、音楽、アート。
海が描かれた作品から、小さな発見や感動をお届けします。




Topics │たずねる
“今”の海と関わり、生きる人たちの声。
各地で活躍する海の専門家を訪ねたインタビューをお届けします。


【Webサイト概要】
Webサイト名称:海のレシピプロジェクト
URL : https://uminorecipe.jp/
配信 : 月3回
SNS公式アカウント:
facebook https://www.facebook.com/uminorecipe
Instagram https://www.instagram.com/uminorecipe
Twitter https://twitter.com/uminorecipe

【団体・企業概要】
団体名称 :海のレシピプロジェクト実行委員会
本社所在地 :東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア221号室
電話番号 :03-6427-9587
代表理事 :山本 徹
設  立 :2021年2月15日
URL:uminorecipe.jp
活動内容:海にまつわる「食」「ものがたり」「人」を通して海を伝えるウェブマガジン「海のレシピプロジェクト」を開設。作品や物語に登場する海の料理や場面から着想し、料理家と一緒に作った「海のレシピ」、各地の海にまつわる人々の声を伝えながら、海の現状を伝え、海の食材を用いた料理の作り手や、海を思う人が増え、循環していくことを目指していきます。

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ