このページの本文へ

兼松エレクトロニクス、「SASEビジネス」への本格参入のため、Cato Networks, Ltd. とリセラー契約を締結

兼松エレクトロニクス株式会社
2021年09月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

兼松エレクトロニクス株式会社
兼松エレクトロニクス株式会社(本社:東京都中央区、社長:渡辺 亮、以下KEL)は、今後拡大が予想されるSecure Access Service Edge(SASE)ビジネスへの本格参入を目的として、世界初のSASEプラットフォームを提供するCato Networks, Ltd.(CEO:Shlomo Kramer / CTO:Gur Shatz, Israeli、以下Cato)とリセラー契約を締結しました。


1.【 リセラー契約の背景 】
現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進み、働き方改革や新型コロナウイルス感染症蔓延防止を目的として急速にリモートワークが推進される中、KELではセキュリティ対応としてSWG、EDR、UEBA などを中心に「KEL Zero Trust Security Solution」の展開に注力してきました。
お客様の業務システムがオンプレミスからクラウドへシフトしていくとともに、ネットワーク環境もインターネット接続によるアクセスへと変化しています。Zero Trust Network Access(ZTNA)では、インターネットを安全に利用するという観点においては機能を備えることができますが、安定した通信環境で利用するためにはSD-WANによる最適化が必要となります。しかしながら、SD-WANを別サービスで提供する形態では、管理面が煩雑となり、運用負荷が高くなるという課題を発生させることになります。
KELは、これらの課題を解決してSASEの導入を可能にする「世界初のSASEプラットフォームを実現したCato Cloud」の販売を開始しました。

2.【 SASE(Secure Access Service Edge)とは 】
2019年8月にGartnerが公開したレポートである「The Future of Network Security Is in Cloud(ネットワーク・セキュリティの未来はクラウドにある)」において提唱した概念であり、Network as a Serviceと、Network Security as a Serviceを同一プラットフォーム上で提供するのがSASEです。
SASEプラットフォーム
3.【 Cato Cloudの特徴 】
Cato Cloudは、ネットワークの接続、保護、管理を提供するコンバージド(統合)プラットフォームです。
データセンターや拠点およびクラウドリソースなどお客様のネットワーク環境全体において、従来の境界型セキュリティを代替あるいは増強するために、お客様の要件に応じた展開が可能です。

Cato Cloudの特徴
4.【 今後の展開 】
ITインフラのライフサイクルで、最も長く、最も手間がかかるのは「運用・保守」です。KELでは、この「運用・保守」からお客様を解放し、更には「保全・管理」を加えて包括的にお客様のIT運用をサポートする「KEL Managed Service(KMS)」を提供しています。
今回の契約はSASEビジネスに本格参入するための最初の一歩であり、今後は、この「KEL Managed Service(KMS)」とSASEプラットフォームを組み合わせたフルマネージドサービス「Network & Security as a Service」として、お客様へ提供してまいります。
KEL Managed Service サービスポートフォリオ
5.【 Cato Networks, Ltd. エンドースメント 】
Cato Networksは、アジア太平洋地域の重要市場として日本を認識しています。
このたび、日本で幅広い製品・サービスの提供実績を有する兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)とパートナー契約を締結し、KELが注力するZero Trust Security Solutionのコンポーネントとして、Cato Cloudが採用されることを心より歓迎いたします。
本リリースをきっかけとして、SASEに準拠したCato Cloudの国内展開が加速するとともに、今後、KEL Managed Service(KMS)にも組み込まれることで、運用・保守フェーズでもワンストップなサービスとしてお客様に普及されることを大いに期待しています。
Cato Networks, Ltd.
APJ Sales Vice President Daniel Lee

6.【 兼松エレクトロニクス株式会社の概要 】
(1)商号:兼松エレクトロニクス株式会社
(2)事業内容:IT(情報通信技術)を基盤に企業の情報システムに関する設計・構築、運用サービスおよびシステムコンサルティングとITシステム製品およびソフトウェアの販売、賃貸・リース、保守および開発・製造、労働者派遣事業
(3)本店所在地:〒104-8338 東京都中央区京橋2-13-10 京橋MIDビル
(4)代表者:代表取締役社長 渡辺 亮
(5)売上高:(連結)655億42百万円(2021年3月期)
(6)従業員:(単体)415名 (連結)1,281名(2021年3月末現在)
(7)コーポレートサイトURL:https://www.kel.co.jp/

7.【 Cato Networks, Ltd. 】
(1)商号:Cato Networks, Ltd.
(2)事業内容:クラウド上でネットワークとセキュリティを融合するSASEプラットフォームの提供
(3)本社所在地:テルアビブ(イスラエル)
(4)CEO:Shlomo Kramer
(5)従業員:400名
(6)URL: https://www.catonetworks.com/jp/


*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ