このページの本文へ

DataRobot、日本国内における社会貢献活動をAIで支援する「AI for Good: Powered by DataRobot 」日本版の参加2団体を選出

DataRobot, Inc.
2021年08月31日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DataRobot, Inc.
国立国際医療研究センターが取り組む、COVID-19に関するレジストリ研究と宮城学院女子大学が取り組む、震災後の地域復興におけるAI活用を支援

エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下「DataRobot」)は、「AI for Good: Powered by DataRobot」(https://www.datarobot.com/jp/ai-for-good/)日本版プログラムに参加する2団体を選出し、開示しました。 本取り組みは、日本国内で当社とともに、国連の持続可能な開発目標(SDGs)をはじめとする社会貢献活動にAIを活用して取り組んで頂ける団体を募集していたものです。 2団体に対しては、DataRobot のエンドツーエンドのエンタープライズ AI プラットフォームへの無償アクセス、およびデータサイエンティストによるサポートが提供されます。


「AI for Good : Powered by DataRobot」日本版 参加団体概要
●団体名   国立国際医療研究センター(https://www.ncgm.go.jp/
支援概要  COVID-19に関するレジストリ研究

●団体名 宮城学院女子大学 (http://www.mgu.ac.jp/
支援概要 震災後の地域復興の取り組み

「AI for Good: Powered by DataRobot」日本版の状況については、成果等も含め、今秋を目処に順次公開していく予定です。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/)DataRobotはエンタープライズ向け人工知能(AI)のリーディングカンパニーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高いAI技術と投資利益率(ROI)を実現するサービスの提供を行っています。DataRobotのエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理を自動化によってエンドツーエンドで提供しデータサイエンスの民主化を実現します。AIを大規模に提供し、継続的にパフォーマンスを最適化することで、ビジネス価値の最大化をサポートします。DataRobotの最先端のソフトウェアと世界最高クラスのAI実装、トレーニング、サポート、サクセスサービスが、組織の規模や業種を問わず、あらゆる組織においてビジネスの成果を高めています。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、IDCのレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細についてはwww.datarobot.comをご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ