このページの本文へ

ヤマハ パワードスピーカー『DHRシリーズ』 スピーカーシステム『CHRシリーズ』

ヤマハ株式会社
2021年08月25日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤマハ株式会社
上位モデルの設計ノウハウと筐体素材を踏襲し、用途別にサイズや設置性を最適化したミドルクラスの業務用スピーカー

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、SR用パワードスピーカーシステム『DHRシリーズ』およびパッシブスピーカーシステム『CHRシリーズ』を2021年10月に発売します。


パワードスピーカー『DHRシリーズ』※『CHRシリーズ』もアンプ部を除き外観は同一です。


このたび発売する『DHRシリーズ』は、「DXRmkIIシリーズ」と「DBRシリーズ」の間に入るミドルクラスのパワードスピーカーです。業務用スピーカーとして手頃な価格帯でありながら、キャビネットには「DZRシリーズ」「CZRシリーズ」と同じ木製合板を使用し、塗装には優れた耐傷性を誇るポリウレア塗装を採用しています。また、メインスピーカー用途に最適な15インチモデル『DHR15』やフロアモニター用途に最適な12インチモデル『DHR12M』、固定設備やユーティリティ用途に最適な10インチモデル『DHR10』など、多様な用途や設置状況に応じて最適化した3モデルをラインアップしています。『CHRシリーズ』は、『DHRシリーズ』とエンクロージャーや主要コンポーネントを共通仕様にしたパッシブSRラウドスピーカーです。『DHRシリーズ』と同様に、15/12/10インチユニットを搭載した3モデルをラインアップしています。

<概要>


強固な木製合板を使用したキャビネットに、耐傷性に優れたポリウレア塗装を採用
用途や設置状況に合わせて最適化された15/12/10インチユニットをラインアップ
高性能DSPを搭載したClass-Dアンプにより、分解能に優れた高音質を実現(『DHRシリーズ』)


品 名/品番/価格/発売時期
パワードスピーカー/DHR15/オープン/2021年10月
パワードスピーカー/DHR12M/オープン/2021年10月
パワードスピーカー/DHR10/オープン/2021年10月
スピーカーシステム/CHR15/オープン/2021年10月
スピーカーシステム/CHR12M/オープン/2021年10月
スピーカーシステム/CHR10/オープン/2021年10月

■関連オプション
品名/品番/価格/発売時期
Uブラケット/UB-DXRDHR10/オープン/2021年10月

<主な特長>
1.強固な木製合板を使用したキャビネットに、耐傷性に優れたポリウレア塗装を採用
『DHRシリーズ』『CHRシリーズ』では、「DZRシリーズ」「CZRシリーズ」と同様にエンクロージャーの素材として、強固で耐久性の高い木製合板を使用しています。また、優れた耐傷性能を持つポリウレアコーティング塗装も採用しており、過酷な屋外使用時における劣化や運搬時の外傷からキャビネットを守ります。

2.用途や設置状況に合わせて最適化された15/12/10インチユニットをラインアップ
『DHRシリーズ』『CHRシリーズ』では、用途や設置状況に合わせてサイズや形状、機能を最適化した3モデルをそれぞれラインアップしています。

『DHR15』『CHR15』は、メインスピーカーとしての使用を想定した、15インチLF(低域)ユニットと指向制御に優れたホーンを持つHF(高域)ユニットとの組み合わせによる2ウェイスピーカーです。音の到達範囲に応じて、2つのポジションに対応したポールマウント用ソケットと吊り下げ設置のためのリギングポイントを備えており、固定設備やライブSR用の仮設のメインスピーカーとして使用できます。




『DHR12M』『CHR12M』は、当社で初めて同軸コンプレッションドライバーを採用し、フロアモニター用として最適な、透明感のある音質と滑らかな周波数特性を向上させた、12インチLFユニット搭載2ウェイスピーカーです。




『DHR10』『CHR10』は、固定設備やユーティリティでの使用に適した10インチLFユニット搭載2ウェイスピーカーです。高域ホーンのローテーションによって、縦・横いずれの設置状況においても、最適なカバーエリアが提供可能で、オプションのUブラケットを装着することで、水平・垂直のいずれでも設置が可能です。




3.高性能DSPを搭載したClass-Dアンプにより、分解能に優れた高音質を実現(『DHRシリーズ』)
『DHRシリーズ』は高効率なClass-Dアンプを搭載しており、軽量なキャビネットでありながら『DHR15』『DHR12M』では1,000Wの最大出力を実現します。また、高性能DSPや厳選されたカスタムメイドのトランスデューサーにより、高い分解能と最大音圧レベル131dB SPL peak@1m(『DHR15』)を実現しています。

4.パワーアンプ「PXシリーズ」との最適な音響システムの構築(『CHR』シリーズ)
『CHRシリーズ』に最適なDSP設定をプリセットで搭載したパワーアンプ「PXシリーズ」と組み合わせて使うことにより、ダイナミクス、音の再現性をキープしながら、スピーカーのパフォーマンスを最大化します。


ヤマハ スピーカー 製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/speakers/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ