このページの本文へ

業務・開発プロセスの構築からお手伝い。Backlog助っ人サービスに「Backlog導入支援サービス」が加わりました!:株式会社オープントーン

オープントーン
2021年08月25日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オープントーン
はじめて「Backlog導入支援サービス」をご利用いただいた ASP Japan合同会社様の事例について、お客様の声も交えてご紹介しております。

企業向けソフトウェア開発・販売を行う株式会社オープントーン(東京都千代田区)は、同社が展開するBacklog助っ人サービスのうち導入間もない企業へのBacklog利用を支援するメニューについて、利用事例を公開しました。


【サービスの内容・特長】
 「Backlog助っ人」はBacklogをご利用中のユーザー様が利用するにあたって直面する様々な課題を解決するための支援サービスです。これまでは主にシステムエンジニアがBacklog運用上の技術的課題を「手を動かして」解決してきました。
 今回新たに、Backlogを新規導入されている企業へのBacklog利用を支援するメニュー「Backlog導入支援サービス」を追加しました。これまでの、ご利用企業様へのサポート事例やノウハウに加え。SIerでもありかつ十年来のBacklogユーザーでもあるオープントーンが自社プロジェクト・業務管理のノウハウを元に支援を実施しました。Backlogを用いた業務プロセスの構築・運用・教育など導入のお手伝いをするという、特徴ある内容になっています。


【今回の事例】
 今回は洗浄、消毒、滅菌製品を提供するASP Japan合同会社様に「Backlog導入支援サービス」をご利用いただきました。ASP Japan様では顧客対応のタスクをExcelで管理されていましたが、業務効率化・可視化のためにBacklogを導入されました。導入するにあたっては、運用ルールやフローの策定において「プロジェクトはどの単位で設定するのが妥当か」「課題はどの粒度で作成すべきか」など基本的な利用方法をご支援させていただきました。加えて、カスタム属性や、エクセルでの管理資料との連携方法など「さらに便利な使い方」についても、御提案をさせていただきました。
 当サービスのWebサイトにてASP Japan様の事例をご紹介しております。実際にご利用いただいた担当者の方の声も掲載しておりますので、Backlogを利用してコミュニケーションの円滑化・見える化を図りたい方で、導入後の利用方法・活用方法に不安のある方は是非参考になさってください。
 https://www.opentone.co.jp/backlog/2021/08/04/case1/

 また、ASP Japan様以外のBacklog活用例もご紹介しております。是非ご覧ください。
 https://www.opentone.co.jp/backlog/backlog/news_index/

【例えば次のようなお客様にお勧めのサービスです。】


Backlogを導入してみたはいいものの、イマイチ使いこなせていない気がする
Backlogを今の業務フローに合わせて使いたいが、Backlogの設定の方法がよくわからない
Backlogで工数を管理しているが、手動でレポートを作成するのが面倒。工数管理システムにも連携したい


【サービスのコース・料金】
下記ページに料金例等を記載しております。
作業時間単位での御発注が可能なため、非常に低コスト・スピーディーな対応が可能です。
https://www.opentone.co.jp/backlog/

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
ヘルス・メディテック事業部:営業担当 hm-sales@opentone.co.jp
TEL : 03-4530-6223 FAX : 03-6368-4458

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ