このページの本文へ

DataRobot、エヌエヌ生命の引受査定業務におけるAI実装の準備を支援

DataRobot, Inc.
2021年08月20日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DataRobot, Inc.
AIベースのストレート・スルー・プロセッシングにより加入申込手続の迅速化を目指す

エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下「DataRobot」)は、この度、中小企業向け生命保険に特化するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:フランク・エイシンク、本社:東京都渋谷区、以下「エヌエヌ生命」)が、2022年内の実現を目指す引受査定業務におけるAIを活用したストレート・スルー・プロセッシング(Straight-Through Processing:人手を介さない査定業務)の実現への支援を開始しました。


エヌエヌ生命では、すでに引受査定業務におけるAI-OCRの導入の決定と機械学習による引受リスク予測モデル構築のPoC(Proof of Concept:実現可能性の検証)を完了しています。AIを活用したストレート・スルー・プロセッシングが導入されれば、業務の効率化だけでなく加入申込手続の迅速化が可能となり、お客さま満足度のより一層の向上を実現できます。

本プロジェクトにおいてDataRobotは、機械学習およびAI査定の実装を支援するためDataRobotのプラットフォームだけでなく、AI ネイティブな戦略的サクセスチームによるAI戦略策定や次世代プラットフォーム構想を支援するAIサクセスプログラムも提供いたします。

【これまでの引受査定業務における課題】
これまでエヌエヌ生命では保険引受時の医務査定において、お客さまから健康診断結果報告書や人間ドック成績表といった医務書類を、募集人およびエヌエヌ生命の営業担当社員を介して郵送で受け付けるフローを採用してきました。また、書類の受付後、事務担当者は項目ごとに目視確認のうえ手入力でデータ化を行ってきました。目視による確認項目は1帳票あたり30以上にのぼるほか、医務書類は医療機関ごとに異なる非定型の帳票であるため、こうした書類の郵送やエヌエヌ生命側の人的リソースに大きく依存する作業が、申込手続の迅速化を進めるにあたってのボトルネックとなっていました。

【AI実装によって目指すこと】
AI-OCRを実装することで非定型の帳票からのデータ入力を自動化することができ、お客さまは医務書類の原本の郵送等が不要となるだけでなく、手続きの簡略化を目指します。

ストレート・スルー・プロセッシングでは、AI-OCRによってデータ化された各検査項目に基づいて自動で医務査定を行います。このプロセスでは機械学習モデルとルールエンジンを併用し、これまで平均2~3営業日かかっていた査定完了までの期間を、引き受けリスクの程度に応じて最短で3分以内に短縮することを目指します。

DataRobotは、今後もエヌエヌ生命が推進するAIや機械学習といった先進技術の活用基盤やデータプラットフォーム整備等の業務基盤の強化および加入申込手続における顧客体験のより一層の向上の実現に向け、ソリューションおよびAIサクセスプログラムの両面から支援を行ってまいります。

■エヌエヌ生命保険株式会社について https://www.nnlife.co.jp/
エヌエヌ生命は、オランダにルーツを持ち、175 年におよぶ伝統を誇る NN グループの一員です。NN グループは、欧州および日本を主な拠点とし、19 ヵ国にわたり、保険および資産運用事業を展開しています。その名は、源流である「ナショナーレ・ネーデルランデン」に由来しています。エヌエヌ生命は、1986 年に日本で初めてのヨーロッパ生まれの生命保険会社として営業を開始して以来、30 年以上にわたり、中小企業の”大切なもの”を共に守る商品やサービスをご提供しています。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobotはエンタープライズ向けAIのリーディングカンパニーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高いAI技術と投資利益率(ROI)を実現するサービスの提供を行っています。DataRobotのエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理を自動化によってエンドツーエンドで提供しデータサイエンスの民主化を実現します。AIを大規模に提供し、継続的にパフォーマンスを最適化することで、ビジネス価値の最大化をサポートします。DataRobotの最先端のソフトウェアと世界最高クラスのAI実装、トレーニング、サポート、サクセスサービスが、組織の規模や業種を問わず、あらゆる組織においてビジネスの成果を高めています。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、IDCのレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細についてはwww.datarobot.comをご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ