このページの本文へ

【無料ウェビナー】量子アルゴリズムから探る量子コンピュータの現在地とその可能性

株式会社グリッド
2021年08月18日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社グリッド
株式会社グリッドは「量子アルゴリズムから探る量子コンピュータの現在地とその可能性」をテーマにしたウェビナーを2021年9月14日(火)に開催することをお知らせ致します。






ウェビナーについて

量子コンピュータの実機開発が進んでいるなかで、量子コンピュータでどのような計算が可能なのかというアルゴリズムの研究も非常に重要です。
グリッドでは2017年より量子アルゴリズムの研究活動を開始し、2019年よりIBM Q Networkに参加し、IBM Qを活用しながら量子コンピュータアルゴリズムの研究開発を行なっております。
今回のセミナーでは、7月に世界的な権威であるコンピュータサイエンス学会「ACM」発刊学術雑誌に論文掲載された量子コンピュータでは過学習しにくいという性質を理論証明した最新論文と、量子コンピュータの計算の中でも高速計算を期待されている組合せ最適化問題を解くためのアルゴリズムについて発表し、量子コンピュータの可能性と現状について紐解きます。


開催概要

開催形式:オンライン(Zoom)
定員:先着100名
【申し込みURL】https://gridpredict.jp/news/6563/


プログラム

1. A study on the expressibility and learnability of quantum circuit learning
2. 量子ゲート方式の量子最適化アルゴリズムの現状と今後の展望
3. 質疑応答

講演内容

1.A study on the expressibility and learnability of quantum circuit learning

Speaker GRID.inc R&D Group Chih-Chieh Chen

Abstract: Using quantum circuits for supervised machine learning is one potential way to harness quantum advan- tage for Noisy Intermediate-Scale Quantum hardware. Many implementations and algorithms have been proposed and studied for quantum circuit learning, but the learnability and generalization ability of quantum circuit ansatz is not well-understood yet. In this work, we study the relation between the circuit ansatz, the expressive power, and the PAC-learnability of quantum circuit learning. The model complexity and generalization ability are studied using a KL-divergence based measure, a VC-dimension upper bound, and various numerical simulation. Our result provides a way to understand the learnability of quantum circuit.

2.量子ゲート方式の量子最適化アルゴリズムの現状と今後の展望

発表者:株式会社グリッド R&Dグループ 斯波廣大

概要:組合せ最適化問題では、量子コンピュータを用いた並列計算によって高速に解ける可能性が期待されている。現在のNISQ (Noisy Intermediate-Scale Quantum hardware)では、組合せ最適化問題を解く近似アルゴリズムとしてQAOA(Quantum Approximate Optimization Algorithm)が挙げられるが、性能は良いとは言い切れず、改善点はいくつか考えられる。本発表では、QAOAを改善する事例を、弊社の取り組みも踏まえながらいくつかご紹介し、量子最適化の現状をまとめる。さらに、弊社の量子最適化アルゴリズム研究における今後の展望もご紹介する。

※プログラム内容、発表者に予告なく変更が生じる場合がございますのでご了承ください。
※プログラム1.”A study on the expressibility and learnability of quantum circuit learning”は英語のみでの発表、プログラム2.「量子ゲート方式の量子最適化アルゴリズムの現状と今後の展望」は日本語のみでの発表となります。

株式会社グリッド

「インフラ ライフ イノベーション」を企業理念として、AI技術を社会インフラや人々の生活に役立てるべく、様々な角度で産業課題に向き合っております。 「アルゴリズムミックス」を提唱しており、機械学習や深層学習、強化学習、位相的データ解析や、更に最近では量子コンピュータを活用した量子アルゴリズムなどを、テーマに応じ組み合わせて解析することで、産業課題の解決を行っております。 これまで国内外で100件超の開発実績を有しており、特に重厚長大産業・社会インフラ分野の時系列データ解析において、世界初・日本初・業界初などの先駆的な取組を行っております。
グリッドHP:https://gridpredict.jp/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ