このページの本文へ

クラウドサインが自治体における検証内容を拡充、「クラウドサインfor Microsoft Teams」の実証実験を開始

SBT
2021年08月16日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SBT
※本リリースは各社個別に配布しております。 SBテクノロジー株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市)は、弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)と共同開発し、提供を行う「クラウドサイン for Microsoft Teams」における実証実験を、北海道茅部郡森町(町長:岡嶋 康輔)にて開始することをお知らせいたします。自治体における「クラウドサイン for Microsoft Teams」の実証実験は今回が初の試みとなります。


コロナ禍における取り組みや、住民のライフスタイル・人口構造の変化により、これらに対応する職員の負担や業務量は増加傾向にあります。一方、職員の人手不足は顕在化し、職員の業務効率化やDXが急務になっています。

弁護士ドットコムは、2020年にクラウドサイン事業本部にデジタル・ガバメント支援室を設置し、行政機関と共にクラウドサインの運用について検討を続けてきました。また、多数の行政機関との実証実験により、契約書の電子化・ペーパーレス化による業務効率化や生産性向上など、民間企業と同等の効果があることを確認しました。このような実績を重ね、2021年より自治体での電子契約の運用が始まっています。

森町は、2014年よりMicrosoftのOffice 365を導入して業務効率化を進めるなど、ICTを活用した先進的な取り組みを行っています。このたびの実証実験では、従来のクラウドサインによる電子契約業務の効率化を検証するほか、「クラウドサイン for Microsoft Teams」の導入シミュレーションを行います。

SBテクノロジーが開発した「クラウドサイン for Microsoft Teams」は、Microsoft Teams上でクラウドサインによる契約締結から締結済みの契約書管理をシームレスに行うことができる連携アプリケーションです。クラウドサインとMicrosoft Teams双方を利用するユーザーの利便性を向上させることで、さらなる業務効率化を実現します。


◼︎「クラウドサイン for Microsoft Teams」について
「クラウドサイン for Microsoft Teams」は、Microsoft Teams上で、クラウドサインによる契約締結から締結済みの契約書管理をシームレスに行うことができる連携アプリケーションです。Microsoft Teams上で契約内容の調整や確認をした後、クラウドサインによる契約書の送信ができます。契約締結完了・却下のステータスはMicrosoft Teamsチャットへ通知され、締結済の契約書はMicrosoft Teamsのドキュメント共有・管理ツール「Microsoft SharePoint」へ自動的に取り込まれます。これらのMicrosoft 365およびMicrosoft Teamsの各機能とクラウドサインのコラボレーションにより、契約情報の一元管理が可能になります。
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/cloudsign-for-teams


北海道茅部郡森町(https://www.town.hokkaido-mori.lg.jp



SBテクノロジー株式会社(https://www.softbanktech.co.jp




弁護士ドットコム株式会社(https://corporate.bengo4.com




※ Microsoft、Microsoft 365、Microsoft Teams、およびSharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ