このページの本文へ

アパレル販売管理システム「birdiecloud」をブランドリニューアル。次世代SaaSクラウド「アパレル管理自動くん」へ名称変更

株式会社dual&Co.
2021年08月11日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社dual&Co.
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」に参画、前田敦子氏の広告素材を活用したPR活動を開始

 株式会社dual&Co.(東京都千代田区 代表取締役 中川 雅也、以下当社)は、当社が2015年9月より提供しているアパレル販売管理システム「birdiecloud」の認知向上を目的として、2021年8月11日(水)より次世代SaaSクラウド「アパレル管理自動くん」へとブランドリニューアルします。  あわせて2021年8月11日(水)より「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」に参画し、プロジェクトの公式アンバサダーを務める、女優で活躍中、元AKB48の前田敦子氏の広告素材を活用したPR活動を開始します。 アパレル管理自動くん公式サイト:https://apakankun.com



 このたびブランドリニューアルした「アパレル管理自動くん」は膨大なアパレル商品の管理や顧客分析など、あらゆるアパレル小売・卸の仕事を低コストで自動化する次世代SaaSクラウドです。さまざまなECサイトと連携が可能で、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」とリアルタイム連携も開始しました。

 当社は今後、ブランドリニューアルによる認知向上や、ECサイトなど他サービスとの連携強化を通じて、アパレル管理を代表するサービスを目指し、アパレル業界全体の効率化を実現します。


次世代SaaSクラウド「アパレル管理自動くん」サービス概要

 「アパレル管理自動くん」はさまざまなECサイトとの連携、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」とのリアルタイム連携が可能です。高いコストパフォーマンスと安心のサポート体制により、導入継続率は100%(当社調べ、2015年のサービス開始から2021年8月現在まで)と大変好評いただいております。膨大なアパレル商品の管理や顧客分析など、あらゆるアパレル小売・卸の仕事を低コストで自動化する次世代SaaSクラウドです。

【サービスの主な機能】
・全店舗の最新状況を、どこでもリアルタイム把握可能
・商品の受注状況・ステータスを一元で管理
・ポイント情報などアパレル特有の複雑な顧客データを集積
・あらゆるデータを分析、販売戦略を立案
・小売だけでなく、卸売にも対応
・展示会のオーダーサイトも手間なく作成
・さまざまなECサイトと連携可、futureshopとはリアルタイム連携
・契約時だけでなく契約後も、追加が必要な機能はカスタマイズ対応
・シンプルな操作性


「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」に参画




 このたび当社は、賛同企業と共に日本経済活性化を目指す「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」へ第2期の参加企業として2021年8月11日(水)より参画しました。あわせてプロジェクトの公式アンバサダーを務める、女優で活躍中、元AKB48の前田敦子氏の広告素材を活用したPR活動を開始します。

発信力・PR力の強化や、参画企業同士の相互関係の構築を行う中で、集結した他の賛同する中小企業と共に、日本経済活性化を目指してまいります。


SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」とサービス連携を開始



 SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop(フューチャーショップ)」とサービス連携を開始しました。「futureshop」で構築されたECサイトで消費者より注文があった時点で、自動的にその注文の情報がアパレル管理自動くんへ送られるようになりました。これにより「futureshop」で構築されたECサイトの売上状況を「アパレル管理自動くん」を使ってリアルタイムで把握することが可能となりました。

 ECサイトと実店舗を一元管理することが可能となり、入出庫管理だけでなく売上分析や販売戦略がより効率的に活用できるように進化しました。今後はさらに多くのECサイトと、よりスムーズに連携できることを目指し、強化してまいります。


ブランドリニューアルの背景

 近年あらゆる企業活動においてテクノロジーの活用が進んでいます。総務省の調査*ではクラウドサービスを一部でも利用している企業の割合は上昇傾向が続き、2020年には68.7%に達しています。利用するサービスはもっとも高い「ファイル保管・データ共有」が59.4%対して「生産管理、物流管理、店舗管理」は10.2%と低い水準に留まっています。

 また、資本金規模別で見るクラウドサービス導入率は、資本金5億円以上の企業が9割を超えるのに対して、資本金1000万円未満の企業では5割に満たず、中小企業でのクラウドサービスの活用が進んでいない現状が見えてきます。

 アパレル業界は、SKU(Stock Keeping Unit)と呼ばれる業界特有の販売管理があり、商品の細かな管理や複雑な伝票など、通常のシステムでは対応できないことがあります。そのため管理システムの導入に踏み切れない企業も多く、販売管理業務に時間を割かれてます。このような中小規模のアパレル店舗は、「本来注力するべきアパレル販売・企画といった業務に専念できない」という課題を持っています。

 こうした背景を受けて、当社では2015年9月より、あらゆるアパレル小売・卸の販売管理業務を低コストで自動化するアパレル販売管理システム「birdiecloud」の提供を開始、アパレル企業のデジタル化を支援してきました。

 このたび、販売管理のクラウド化の重要性をより効率的に発信していき、より多くのアパレル企業の担当者にサービスを知っていただくため、ブランドリニューアルを実施します。

*通信利用動向調査(令和2年版)」総務省
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/210618_1.pdf


無料トライアル可能、導入のお問い合わせはこちら

 毎日多くの項目を手入力していたり、数百万の損失になりうる余剰在庫に悩まされたりする、販売・在庫管理の仕事。「アパレル管理自動くん」を導入することで、そういった「ゴタゴタ」をたった「一手間」で片付けることができるようになります。無料トライアル・お見積もり・カスタマイズのご相談など承っております。まずは、お気軽にお問い合わせください。

アパレル管理自動くん公式サイト:https://apakankun.com


株式会社dual&Co.について

 「世の中の不便」を「クラウドで最適化」するというコンセプトのもと事業を展開しています。技術革新が目覚ましい一方、世の中には「アナログで非効率」なことが未だ存在します。だからこそ、私たちは特定の分野にこだわることなく、あらゆる分野での事業に挑戦したいと考えています。

<会社概要>
社名:株式会社dual&Co.
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町一丁目6番15号
代表者:中川 雅也
設立:2004年
資本金:63,000,000円
URL:https://dual.tokyo/
事業内容:
クラウド事業、アプリケーション開発(モバイル、Eコマース、業務基幹)
インターネット事業、サーバー構築・保守、メディア事業

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ